++ Hなこと、好きですか? ++2015年05月
FC2ブログ

++ Hなこと、好きですか? ++

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

黄色いソファ

ゆったりと過ごせる、二人だけの時間。
巣鴨の駅を降りて少し歩いたところにあるホテルに入ったぼくたちは、部屋の扉を閉めるとホッと一息。

証明が当たって光っている床を、薄っぺらいスリッパでぺたぺた歩く。
こんな狭い空間なのに、歩くときは手を繋いでいた。
空調の聞いたひんやりした部屋で、繋いだ手だけが温かい。



ふと。
豊かな胸ではなく、優しそうで可愛い胸。
柔らかく茶色に光るキューティクルが映えるその髪。
ほんのりと漂ってくる甘い香り。
ちらりと横目で彼女を見たぼくは、一瞬で抱き締めたくなってしまった。
エスコートとか、雰囲気とか、そんなものはあとでいいじゃないか。
繋いだ手をグッと握って引き寄せると、ゆっくりと女の子を抱き締める。


あ・・・・


微かにそんな声が聞こえた気がするけど、その声を発したかもしれない口はぼくの胸元に。
肩、そして髪の毛を抱き締めて、ゆっくりと立ち尽くす二人。
曲名も分からないBGMが流れる無機質な部屋で、ただただ抱き合うことはなんて心地が良いんだろう。
湧き上がってくる下半身の欲望を味わいながら、頭と上半身と下半身は、それぞれ別の感触を味わっていた。

ただそれだけ。
他にはなにもなくて、ただそれだけ。
そこには牢屋も目隠しもバイブも必要なくて、潮吹きとか強制フェラとかやりたくもなくて、
やらずにいられない事をやるだけ。
ただそれだけ。

1分・・・?



5分・・・・・・?



10分・・・・・・・・・?

アダルトビデオでは必要のない間。
性急に進めなければいけないセックス。
ついつい次の段階へすぐに行こうとしてしまうけれど、優しい体温を味わっていたい。
言葉を交わさず、体温と体温を交換して同化させていたい。

呼吸と呼吸、鼓動と鼓動、一日を終えた体臭と体臭。
そんな、意識しなければ五感に入ってこない微かなものたちを、静かな部屋で味わっている。


ラブシーン。
そんな言葉が似合うのかもしれない。
手順とかセオリーとかオーソドックスとか、そんなものはどうでもよくてさ。
今はこれをとにかく味わっていたいんだ。


卑猥な形をした性器をたっぷり舐め回すとか、
勃起して硬く熱くなったペニスをしゃぶる姿を、快感を味わいながら見下ろすとか、
後の楽しみはあとに取っておいてね。

セックスの始まりはどこからだったろう。
今日の待ち合わせからだろうか。
乾杯!をしたときだったのだろうか。
ホテルに入って抱き締めあったときからだろうか。




ぼんやりとそんなことも考えながら、ゆっくり揺らめくようにぼくたちは抱き合っていた。
ホテルに入ってどれくらいたっただろう。

まだ一言も、言葉を交わしていない。







ふと。ラブホテル特有のソファが目に入った。
次にやりたいことが瞬時に頭に浮かび、女の子の身体を自分の身体をゆっくりと動かしていく。




スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
  1. 2015/05/11(月) 20:12:45|
  2. セックス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0



最近8日記

最近10コメント

お気に入りリンク

過去の日記

日記のカテゴリー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。