FC2ブログ


++ Hなこと、好きですか? ++

いやらしいこと、気持ちいいこと、性に関することが大好きです

バーカウンターの男女 2


日曜の夜にバーへ来た彼女。
ゆっくりとカウンターに腰かけた後、なにかお酒を注文したようだ。
バーに行くときは一人の時間を過ごすことが目的だから、他のお客にほとんど興味が湧かない。
耳に入ってくるシェイカーを振る音も、バーテンダーとお客との会話も、客同士の会話も、立派なBGM。
流れていたのは知っているけれど、何が流れていたかは知らない。そんな感じ。

丸い氷とウィスキーが混ざり合って、徐々に変わっていくグラスの中のお酒の味を、ゆっくりと味わうのが好き。
ぼくはタバコを吸わないけれど、そんなときには漂ってくる鈍色の煙も、時には立派なBGF。

盛り合わせのオリーブを指でつまみながら、次は何を飲もうかとバックバーを見渡す。
あまりお酒は詳しくないから、バーテンダーさんに任せてしまおうかな。

そんなことを考えていると、自然な動きでチェイサーが継ぎ足される。
心地いい、ただただぼーっとするためだけの時間。





日曜日の夜。
そんな時間にバーへ一人で来る女性が、彼の興味を引いたらしい。

「よくここには来られるんですか?」

まるで教科書に書いたようなセリフが聞こえてきた。



へー。また今夜も一つ、出会いが生まれたんだね。
そんなことを思いながら飲んでいると、すぐ隣で始まった男女の会話は、自然と耳に入ってくる。


「主人とケンカして、飛び出してきちゃったんです」
「子供のことで言い合いになって・・・」


「そうなんですかー。お子さんは何人いるんですか?」



うん????
なんかキャッチボールが成り立っていないんじゃないかい?

会話が自然な流れなら、男女の出会いのワンシーンに関心はないから、BGMとして流れていくんだろうけど、
ピアノの演奏を間違えたかのような、ドラムのリズムが急に狂ったかのようなそんな違和感に包まれ、
ぼくはぼーっと出来なくなってしまった。

あーあ。






つづきます。

スポンサーサイト
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

  1. 2014/12/02(火) 01:01:10|
  2. 無分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bono

最近8日記

最近10コメント

日記のカテゴリー

お気に入りリンク

過去の日記

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
36410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フェチ
2533位
アクセスランキングを見る>>

FC2掲示板