++ Hなこと、好きですか? ++2010年10月
FC2ブログ

++ Hなこと、好きですか? ++

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

好きなフレーズ

ゆっくり静かに脚を広げて……







両手を後ろについたまま、上目遣いで 「きて……」
なんて言われた日には……。



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
  1. 2010/10/21(木) 02:08:13|
  2. Hなひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

亀頭の快感



直接的な描写もあるし、セックスのとある一場面や一瞬を切り取って文章にしたりしているぼくですが、
今回は挿入の瞬間の亀頭が感じる気持ち良さについて、
ペニスが覚えているその快感と感触を、頭に浮かぶままに文章にして見たいと思います。







とっても気持ちいい……というよりは、じんわりぬるっと気持ちいい…。
そんな感触です。
入れる前にたっぷりといやらしい、色んなことをして勃起したチンポ。
先端からツユを漏らしている充血した亀頭。
根元まで熱を持って、早く早くと言っているような気がします。
二重人格とはよく言ったもので、チンポだけがオマンコの中に早く入りたがっている……。

女性からしたら、どんな感触なんでしょうね。
自身の性器も熱を持って潤って、いつでも硬い男性器を受け入れることは出来る態勢に
なっているかと思いますが、微妙に両者の性器の温度は違うと思います。
やはり、熱い………のでしょうか。



ぼくからしたら、オマンコの中は熱く感じるときもあるし、
おや…??

と思うくらい、体温を感じないときもあります。
それは女の子の体調や、こちらの愛撫にもよるのでしょう。
中が熱い時はたまらなくて気持ちよくて、本当にチンポが熱に溶かされてしまいそうな感じ。
だから、体温の高い女の子にはドキっとしてしまいます。


" きっと中も熱いんだろうな………… "



と。
包まれて熱いなんて、あれはもう凶器ですよね。
男を射精へと強制的に導く女性器は、ずるいです。
まあ、そういう膣を持つ女の子は、概してイキやすいので女の子の方が先に絶頂を迎えてしまうことが
多いのですが。


中がそれ程熱くない時は、ぼくもちょっと慎重になります。
すぐには動かず、もちろん激しく突きだすなんて厳禁だと思っています。
女の子の膣が、ぼくのチンポに馴染んでくるまでゆっくりとそのまま……繋がったまま待ちます。
もちろん待っている時は優しく抱き締めてたくさんのキスをします。


「痛い…?」
「気を遣って我慢なんてしたらいやだよ、そういうの嫌いだよ」
「大丈夫かな…?」


慌てなくたっていいんです。














なぜに早く動きたい?
なぜにそんなすぐに出したい?
腰が止まらないって?

最後の最後の瞬間に、自分勝手な素顔が腰の動きとなって出てくるわけでしょう。
それは何を意味するか。
女の子への我慢の強制ですよね。
女の子はそれを我慢すればいいと思ってる。我慢しなくちゃいけないと思ってる。

そういう男は100パーセント気付いていないでしょう。
だから永遠に直らないし、100年経ってもいなくならないでしょう。



女の子の中で射精なんてしなくたっていいじゃん。
女の子の身体を使ったオナニーで自己満足しているのはだあれ?
途中でやめたって、最初から入れなくたって、
抱き合ってキスをして、腕枕をしながら話していればいいじゃないか。

気付くよね、気を遣っていれば。
濡れ具合が違うとか、いつもと反応が違うとか。


まあその いつも が、いつも だから分からないとは思うのですが。















さて、話がそれました。
亀頭の話についてでしたね。
ここからが本題です。



















勃起チンポに手をあてがい、脚を開いた女の子の間にひざを付きます。

亀頭の先をクリトリスに押し付けてこねくり回し、円を描くようにする。
時にはクリトリスに尿道を押し付けてみたり……。

その時の柔らかいクリトリスと、毛の感触がたまりません。
愛液で濡れているから滑りもいいし、女の子の腰もゆるやかに艶かしく動くし。



クリトリスが終わったら次は小陰唇。
一緒に膣口もね。

チンポの裏スジや、亀頭全体で叩くようにして女性器を味わいます。
押し付けて横に滑らせてみたり、グググ……っと腰全体を押し付けてみたり。
ワイパーのように動かして、オマンコをなぶるのもいいですね。好きです。
ぬるぬるのオマンコの感触がたまりません。



そして最後はオマンコ。
ぼくが入れたくて入れたくてたまらない場所です。
今すぐにでも勃起チンポを奥まで入れて、気持ちよくなりたいんです、本当は。
だけど一度入れてしまったら、入れる前の膣口をじっくり味わうことはしませんので、
ここで……。

カポカポと亀頭を半分だけ入れたり出したりするのが好きです。
敏感な亀頭がオマンコの入り口のキュッ……っとしたところに締め付けられるのが、
すごい好きなんです。
肉全体で味わおうとしているのか、貪欲なオマンコが亀頭を逃がすまいと締め付けてくるんですね。
それがもう…気持ちよくて。

出し入れをしてカポカポするのもいいし、亀頭全体をオマンコに入れて、その体温を味わうのも好き。
本当は本当は、もうそのまま入れたいんです。ずっぽしと根元までハメたくてたまらないんです。

だけど、チンポ全体で味わうオマンコの感触よりも、
亀頭だけで味わうオマンコの入り口の感触と、あの何ともいえない温もりやヌメヌメ感を
一秒でも長く味わいたい。
入れる前はそんな感じです。


時には亀頭を抜いて、わざと太ももに勃起チンポを押し付けてみたりします。
ふふふ。




書いていたらとってもとっても、セックスがしたくなってきてしまいまいした。

















                               .
  1. 2010/10/21(木) 00:32:48|
  2. セックス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

柔らかい肉の部分




女性器をすぐに舐めたくなってしまいます。

舌に伝わるあの柔らかい肉の感触、唇に触れるツンと尖った肉のお豆。
可愛く、時にはいやらしく反応する女の子。
時々に、それぞれに違う愛液の味。

たまりません。

普段隠された部分だからこそ、他人の視線には晒さない場所だからこそ、興奮してしまうのです。
ゆっくり静かに脚を広げていく時の恥らう姿がたまりません。
そして、気持ち良くなりたいから脚を広げる女の子の、
欲に負けた時の仕草がたまりません。

舌を存分に動かして味わう女の子の大切なところ。
味もにおいも、形も色も。
全部大好きなのです。
もちろん、その下にある性器ではない穴も…。


タオルを用意しながら時間をかけ、肉のヒダを唇に挟んだり、
舌でヒダの根元を上から下………下から上へなぞったり。
女の子と手を繋ぎながら、その性器を味わいます。

いじらしく勃起した肉のお豆は、優しくやろうとしてもついつい舌が硬くなってしまいます。
そ……っと触れるように愛撫したいのにね。
ついついチュウチュウと吸ってしまったり、舌で高速舐めをしてしまったりします。

唾液と愛液は粘度が違うからすぐ分かる。
その2つが混ざったラブジュースが飲めるのは、男だけの特権ですね。
もちろん女の子にも、男の我慢汁と唾液が混ざったラブジュースを飲める特権があるのだけれど。



指でたっぷり広げた後は、膣の奥まで覗き込むように顔を近づけます。
中までじっくり見ていることを伝え、そこに尖らせた舌を………。

体調によってはあまり気持ちよくない時もあるみたいだけど、

「何してるの……何してるの………」


と、未知の快感に戸惑いながらも喘ぐ女の子。





出来れば1時間は味わっていたいのに、いつも途中でストップがかかってしまうのです。
柔らかい肉の部分がぼくは大好きなのに、

「もう限界だからやめて………」


って。





  1. 2010/10/11(月) 23:05:13|
  2. クンニリングス・クリトリス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

精液を出す瞬間のこと。




何回も書いてしまっているかと思いますが、精液を出す瞬間がとても好きです。
それは、オマンコの中でも、自らの手の中ででも。
口の中で出した経験はなかなかないので、これからのお楽しみですね。


特に、セックスをしていてイク瞬間がとても好き。
もちろん、入れる前にたくさん時間をかけて色んなところを愛したり、いじめたりするのも
とっても好きなんですけど。
その話とか、入れてから絶頂を迎えるまでの話はまたいつか話すとしましょう。








最後の瞬間は、とてもたまりません。
何かがせり上がってくるのです。
チンポの根元の方から。

それはもちろん、神経の働きによるものだと思うのですが、
そんな冷静なこと考える人はどこにもいないと思います。


男にとってそれは、快感と精液。
その2つがせり上がってくるようなもの。

来る! のか イク! のかは分からないんですが。

熱いものと気持ちいいものが一気に根元に溜まってくる感じです。
ブクブクと泡を吹き上げながら溜まっている快感が、
一気にチンポの根元から亀頭の先まで駆けあがってきたかと思うと、
チンポ全体が一気に痙攣して熱い精液をドクドクと吐き出すのです。

それはもう……たまりません。
気持ちよくて声は出てしまうし、駆け抜けていく熱い塊が尿道を刺激してたまらないし。
イク快感と、尿道を駆け抜けていくときの快感の2種類が襲ってくるのです。
何日もオマンコやオナニーをしないでおくと、溜まった精液がドロドロになりますから、
それがまた尿道を刺激してくれるのです。

毎日オマンコやオナニーをして気持ちよくなるのもいいけれど、
何日か溜めて、尿道を中から刺激されるのを味わうのもいいですね。



その2つの快感と共に、
フェラでいかされてしまう時は、女の子の口腔の刺激とぬくもり、いやらしく動く舌の快感が加わります。
オマンコの中でイク時はさらに2種類あって、
コンドームを付けているときと付けていない時の快感が……。


フェラでの時は、精神的なものもあってか、なかなかいきません。
だからこそすごいのがやってきます。
これはまたいつか書きますね。



ああ……オマンコの中でイクときのことを書こうとしていたら、
その快感や情景を思い出してしまって勃起してきてしまいました。
これからオナニーをして、気持ちよく精液を出したくなってしまいました……。


チンポを引っ張り出して、これからオナニーをします。

最後まで書けなくてごめんなさい…!


























  1. 2010/10/11(月) 16:09:51|
  2. 精液・フェラチオ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2



最近8日記

最近10コメント

お気に入りリンク

過去の日記

日記のカテゴリー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。