++ Hなこと、好きですか? ++2008年10月
FC2ブログ

++ Hなこと、好きですか? ++

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いかせるフェラ




AVなどでよく見受けられる、いかせるフェラが苦手です。
俗に言う、激しすぎるフェラですね。
しごけばしごくほど男の快感が増すと思っているのは大間違い。
あれは見せるための演技なのは分かっているけど。

なんだか、放出へ主眼が置かれていて、
それまでの素晴らしき過程~この一つ前の日記に書いたような~が、
ゆっくり味わえないのと、快感にひたる余裕がなくなってしまうからです。
個人的な好みもあるんでしょうけどね。


でも、それさえ覆すフェラチオを味わったことがありました。
あれは…数年前のこと。




ラブホテルのベッドに押し倒された僕は、もう彼女のなすがまま。
カチャカチャとベルトを外され、ジジジ……とチャックを下ろされ、
あれよあれよと言う間にパンツをひん剥かれ、
あっという間にチンポをしゃぶられていました。

そのとき既に勃起していたぼくのチンポは、あっという間に彼女の口の中へ……。


抵抗する間もなく、女の子に何も出来ないまま、やられてしまった感じです。





最初から猛スピードで頭を上下に振る彼女。
口の中で強く吸い付き、舌が亀頭を舐め回します。
ジュポジュポといった音はほとんど出ず、口の中は真空状態。
何がどうなっているのか分からないまま、強く吸引され、しごかれ、舐め回されていました。

最初は


「激しいだけかな……」


と思っていたぼくも、あっという間に彼女のフェラチオの気持ちよさにやられてしまって…。


ぼくはフェラではあまりイキません。たぶん、5回無いと思います。
そういうタイプなので、この彼女の激しくも気持ち良いフェラを味わっているときも、
たぶんイクことは無いだろうと思っていました。
今まで100回(←適当です)はフェラをされていると思いますが、イッたのはそのうち5回くらいかな。
舐めてもらうこと、しゃぶってもらうことそれ自体が本当に好きなのです。



が………。
ホテルへ入ってわずか10分足らず。
次から次へと襲ってくる快感。
いやらしく上下に動く頭。
服を着たままの2人。
そうやって色んな状況が重なって。



押し寄せてくる、アノ射精感。
男にしか分からない、アノ射精感。

いつものように情けない声を出し、ぼくは彼女に告げたと思います。


「あぁ……出ちゃうよ…出ちゃう…精子出ちゃうよ…」


オマンコにチンポを入れながら言う時の言葉が、この時すでに出ていました。
ぼくがそう言っても、彼女はそこで焦らしたり、何か言葉をかけることはなく、
フェラを続けていました。
快感は急激に高まり、我慢の限界もすぐに破られてしまい……。




「ああっああっ!!!!!」




声を上げると一層快感は高まり、チンポの根元から急激にせり上がってくるアノ快感。




「いく!ああ……っ!いくよ!」


彼女の頭を押さえながらぼくは下半身を痙攣させ、その口の中に精子を注ぎ込むのでした。
ぼくがドクドクと精子をぶちまけても、彼女は動きを止めません。




“ 最後の一滴まで搾り取ろうとしてる…… ”



無意識にそう思ったぼくは、亀頭から伝わってくる痛気持ちいい感触に身を任せていました。







「ん?」
「あ……出していいよ…」


そう言ったときはすでに、ぼくの精子は彼女のおなかの中…。



何ともいえないあの感覚。
自分の遺伝子が女の子に飲み込まれてしまったあの感覚。
嬉しいんだけれど、その言葉だけじゃ表せないあの幸せな感覚。
おとなしそうに見えたその彼女があんなに激しいフェラで男の精を搾り取ってしまうなんて…。

一層興奮し、愛おしくなったのでした。

その後はもちろん……ふふふ。






この一つ前の日記を書いていたら、急にこのフェラのことを思い出したので書いてみました。














スポンサーサイト
[PR]

  1. 2008/10/26(日) 20:11:43|
  2. 精液・フェラチオ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フェラの瞬間…。




勃起してオスのニオイを出している勃起チンポに、
女の子の顔が近づいてくる。


ゆっくりと口を開け、優しく口腔に包み込まれる瞬間がたまりません。
あの、言葉では表せない感触。

ヌメヌメとし、ねっとりとし、生温かく、包み込まれるよう……。
さらにそれと同じ感触を持った舌が亀頭に絡みつくと、
全身の力が抜けて思わず熱い吐息が出てしまうのです。

さらに……その舌が動き出し、勃起したチンポを唇に挟み込まれて抽送を開始されると、
もうよだれが出るほど気持ち良いのです。
より一層チンポに力が入って血流が増し、一層硬くなるのです。
亀頭はもっとドス黒い赤になり、全体からますますオスのニオイを醸し出すのです。



自分の股間に顔をうずめる女の子の頭を髪の毛を撫でながら、
より一層の刺激を求めてぼくは喘ぎ声をあげるのでした。

口元は緩み、目はうつろ。

オマンコの中でイカされてしまう時と同じくらい、男が無防備の瞬間。
快感に負けた情けない自分を全てさらけ出してチンポをしゃぶられるのが、本当に大好きです。

だってそれが気持ちいいんだもの。







  1. 2008/10/26(日) 19:36:16|
  2. 精液・フェラチオ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コンドーム考



初めてコンドームを使ったのは……恐らく中学生の頃。
確か、近所のタバコ屋 【 清水商店(笑) 】 の自販機で買ったんだったっけかな。
もちろん初体験はもっともっと先ですから、一人で使いました。
もちろん自慰行為で…(笑)
もちろんつける練習もたくさんしました。
コンドームが装着されたペニスを見て、そのぶざまな格好に違和感を抱いたものです。


“ こんなので入るのか? ” と。



初体験の時は……どうだったかな、確か装着してもらった気がします^^
年上のお姉さんでしたから^^





以来、色々な種類のコンドームを試して使っています。
ミントですーすーするやつだったり、蛍光色で緑色のやつとか。
真っ黒なコンドームもありました。非常に攻撃的で視覚的にはなかなかでした。

一時期はまっていたのは、スムーズに装着できるタイプのもの。
名前は忘れてしまいましたが、すぐ!装着できるので重宝していました。
なんで使わなくなってしまったのかは分かりませんが…。



表面がわずかにザラついているタイプのものや、ツブツブが施されているものも試しました。
ソレ、が女性に新たな快感を与えるのではないかと思っていたのですが、
残念ながらそれほど変化はありませんでしたね。

あ、味だったか匂いのついたのも試しました。
イチゴだったかな?
人工的なイチゴの匂いは、人工的なゴムの匂いとあいまって、
あまり良い印象はなかった気がします。

ラブホテルに普通に常備されているコンドームは、厚手のものが多かった気がしますね。
今はどうなんだろう?あまり使わないので分かりません。
現在は自分で買ったやつを持ち込んで使用していますからね。
ラブホテルのを使うのは、手持ちのコンドームがなかった時と、おもちゃに被せるとき。
安全性に問題が無いのは分かっているんですが、どうも二の足を踏んでしまいます。



ドラッグストアで安売りしているコンドームってありますよね、
3箱で3千円とかのパック。
あれって、買ったことありません。だってそんなに短期間に大量には使いませんから。
合計で36個でしょ? いえいえいえ^^
思えばあれは、夫婦用の商品なんですね、家庭計画!
夫婦なら同じ屋根の下、週に何回もセックスをするでしょうから、
それだけ数も必要に…^^
そのパックをばら売りしているのなら買ったことがありますが、ごくごく普通のでした。
経済的に出来ているんでしょう。
数多く使うものだと、銘柄に拘って値段が張るのは好まないのかもしれません。





今は、2種類のコンドームを気分で使い分けています。
一つはサガミオリジナルの 0.02ミリコンドーム。
あの薄さがたまりませんね^^
透明のシルエットも、生々しい勃起ペニスの外観を損なわなくて好きです。
薄くて女の子の体温を感じられるのはいいんですが、
そのために早く気持ちよくなってしまうことも…。
ははは。
笑っていたら、世の女性たちに怒られてしまいそうですが………。

あともう一つは、バタフライというコンドーム。
こちらは同じブランドで2種類出ているので、店で売っている方を買います。
表面 ( 女性に触れる方 ) に潤滑ゼリーが付いているので、挿入もスム~~ズ。
そのゼリーが通常のものと、温感タイプのものがあります。
温感タイプがぼくは好きですね。



なぜなら、女の子の



「あ、あ、熱いよ、熱いよ…」



って反応がたまらないからです。
けれどこのコンドームはゴムの臭いだったかゼリーの味だったかが、
女の子には不評でして、1度装着してコンドームを外した後のフェラはちょっと抵抗を持つみたいです。
今のトップページの写真が、そのバタフライというコンドームです。



薄くて気持ち良く、使用後のフェラも抵抗無くやってもらえるが、早くイッてしまうコンドームか、
女の子の反応がたまらなく、厚さも普通なので早くイクことは少ないけど、使用後のフェラで女の子が不快に感じる可能性があるコンドームか、

うーーーん、悩みますね。




でも結論は一つです。


“ その時に手に入った方を使う ”




です(笑)
両方を同時に扱っているお店って、意外とないんですよ^^






コンドームを使わないで生でしちゃう、って選択もありますが、
それは女性の側から自発的なOKがあった場合。
中出しも同じですね。
自発的なOKがあったら、思い切り奥に放出をします。


何かの時の責任を被らないためじゃなく、
女性が自分の身体のリズムを自分で判断して、避妊しなくても大丈夫な場合に
その女性がOKを出してくれている、とぼくは思って信頼しているからですね。
それで病気をもらってしまったこともありますが……。




「 外に出すからいいでしょ? 」
「 大丈夫だって、中で出さなければ妊娠しないから 」
「 今まで妊娠させたことないから大丈夫だって 」
「 オレ、コンドーム付けてるとイキにくいんだ…… 」


な~んて言葉巧みに女の子を説き伏せる男が世の中にはいるみたいですが。
そりゃあ、生は気持ちいいですよ。さえぎるものがありませんから。



けど、

不安がる女の子に欲望でいきり立った自己中ペニスを突き立てるなんて出来ないです。







最近は目新しいコンドームを見つけていません。
スプレー吹き付け式のコンドームが開発されたとか、
1秒で装着できるコンドームが海外にはあるとか、そういう話は聞きますが、
今いち安全性が不安で反応しません。


実用性と安全性が十分あって、それでもなおかつ目新しい機能がある!
そういうコンドームを探しているからです。

うーん、開発メーカーに就職しようかな(笑)
































  1. 2008/10/14(火) 23:34:53|
  2. Hなひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

初めてのSTD



あれはいつだったでしょうか。
そう。性感染症にかかったのは。

ある朝起きると、亀頭の先が鈍く痛いのです。
飛び上がるような痛さではなく、うちみのような……重い痛み。
ジーンズを履いてソコが圧迫されると痛むのでした。

ペニスとの付き合いはかなり長いのですが、生まれて初めての痛みでした。

「っうそっ!」

冷や汗が流れました。
自分は死ぬかもしれない……そう思うくらいに、びびりました(笑)
慌ててネット検索です。
メール相談をしてくれる先生に相談もしました。



けれど……当てはまる症状がありません。
けれど……思い当たる行為はありました。


おしっこをする時も痛くないし、膿も出ないし、
へんなブツブツとかも、かゆみも、まーーったくない。


「なんだろう?なんだろうーっ!」


ドキドキ…というか、かなり不安になりながら地元の泌尿器科を探したのでした。
そう、泌尿器科でどんな検査をされるか、聞きかじった末の一抹の不安を抱えながら。




おちんちんの悩みは久しぶりでしたね。
昔々、皮を切ろうかどうか、迷って悩んでいたとき以来だったかもしれない。
とにかく、この鈍い不快感のような痛みのような…訳の分からないものをおちんちんに抱えながら、
10日が過ぎていったのでした。







女性はほとんど症状が現れません。痛みもなく自覚症状がありません。
気付くのはほとんどが男性。
禁欲し、1か月の服薬が必要です。
薬の効かない性感染症が増えています。

パートナーは一人ですか?
不特定多数では、誰からもらったのか。。。分からないでしょう。
エイズは、感染からしばらくたたないと、検査しても意味がありません。
肝炎も同じ。セックスでうつります。
この2つは、なったら一生が台無しになります。
感染者も増えています。


身を守るのも危険に身を晒すのも、あなた次第。
まさか、が訪れるのは、治らなくなってからかもしれません。
なってみないと分からない、この恐怖。
泌尿器科は、患者さんでいっぱいでした。


  1. 2008/10/09(木) 22:56:58|
  2. Hなひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

気持ち良い。

気持ちを大事にします、エッチの時は。
割り切りやその場限り……などの経験が無いわけではありませんが、
それでも、気持ちの入ったセックスを経験してしまうと、
気持ちよさにも違いが出ますね。

その2種類のセックスにはそれぞれの良さがありますが、
最終的には気持ちの入ったものが頭一つ抜きん出ると思います。
肉体的な快楽の欲求に負けて、
何も存在しない間柄での交わりにも溺れてしまうこともあるのだけれども。

手を繋ぐだけで、話をするだけで、目が合うだけで。
それだけで幸せになってしまうような相手とパートナーになり、
肌を重ね合わせる幸せ。
そんな相手が、自分の身体を愛撫してくれて、
その相手を自分が気持ちよく心行くまで愛撫できる。
触れただけで、触れられただけで全身が……、
触れただけで、触れられただけでその一部分が……赤い感覚と温かいものに包まれます。


愛情と興奮が入り混じって、これ以上ないくらいに高まったあとは、
それの最高潮の瞬間……一つになる……が訪れます。



動きたくない、動きたくない。
やっと繋がることが出来た、この瞬間の気持ちを幸せをずっと味わっていたい。
けれど肉体は快楽を強く強く求めていて、少しずつ快感への欲求も高まってきて…。
上も下も一つになって、心までも一つになって、
さらに身体も強く密着して肉体同士も一つになって。

気持ちと気持ちを確認し、それをさらにすり合わせるために言葉でも確認し、
性衝動でもそれを確認し。
自分ので相手を絶頂へ導くことが出来たのなら、
それはもう……想像がつかないくらいの幸福感と興奮に包まれてしまう。
けれど、相手ので自分が絶頂へ導かれてしまったら、それも同じくらいの幸福感と興奮が…。

どちらもどちらに強いそれらの感覚を与えあうことが出来るのは、
なかなかタイミング的に難しいこともあるんだけれど、
二つが一つになってお互いにお互いをそうしたい、と強く思いながらの交わりは、
何ものにも変えられない。

二つか…もしくはどちらか一つが絶頂へ登りつめた後は、
涙が出るくらい心と身体が満たされて、ずーっと抱き合っている。言葉で伝え合っている。
何の心配も無いのなら、そのまま……一つになったまま……深い眠りに陥りたいくらい、
あなたと離れたくなくなるのです。


















  1. 2008/10/02(木) 21:49:57|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2



最近8日記

最近10コメント

お気に入りリンク

過去の日記

日記のカテゴリー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。