++ Hなこと、好きですか? ++2007年09月
FC2ブログ

++ Hなこと、好きですか? ++

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ずる剥けのチンポ


根元まで皮の剥けた大人のチンポ。
あの皮…なんていやらしい動きをするんでしょうね…。
亀頭まで覆ったかと思うと、ずるずるっと剥けて、根元まで…。
露出する赤黒い亀頭。




皮をしごくと柔らかい包皮がめくれて剥かれて、
チンポから快感が生じる。
生まれてくる快感とともに、滲み出てくるいやらしい前触れのツユ。

皮を根元まで引き下げられ、指でわっかを作ったまま押さえつけ、
チンポの皮が引っ張られて張った状態…。
その状態で舐められると、またまた快感が強くなる…。

もう一度言いましょうね
チンポをしごきながら、根元まで皮を…手をずり下げると、
ずりゅっと皮が剥けて、チンポの皮が張った状態に。
その状態だけでも、かなり気持ちいいのです。

男性用の形成外科で行う性感帯再生手術とは、このことですね。
皮のたるみを無くして、根元に押し下げてしまう。
勃起時に、根元までずりゅっと剥けた状態に…。









やがて精液が吹き出し、溢れ、あなたの顔に飛び散るまで、
皮を上下に動かすのです。
いやらしい…淫らな手の動き、チンポをしごくその動き、
とてつもなくいやらしい…。

そして吹き出す精液をものともせず、しごき続けるその手……
たまらないよ。
ザーメンが飛び散るのに、どくどくと出ているのに、
まだしごき続けるの?

しなやかなその手が精液に汚れていく。
一心不乱に、惚けたような表情で、淫らな怪しい目をした表情で、
チンポをしごき続けるあなた……。

下半身はきっと、うずいて熱く、そして濡れてぬるぬるに…。


滲み出てくる精液を最後の一滴まで搾り取るように、
根元から力を込めて先端までしごき上げる。
皮を根元までずるずると引き下げたかと思うと、
亀頭直下のところまで、引き戻していく。


尿道に残っていた白い子種汁がじくじくとあふれ出てくる…。


それを舌先ですくうなんて……。






















スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
  1. 2007/09/30(日) 13:39:33|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

体温交換



雨が降って一層気温が下がり、11月並の気候ですね。
人肌の恋しい季節になってきました。


手を繋ぐ、温かくて柔らかいあなたの手
腕や上腕に触れて、その弾力と発している体温がたまらない。
近づくだけで温かい…。
そんな身体。









部屋の温度は常温でいいよね。
さぁベッドに行こう。

湯上りの温まった身体で。
室温で少し冷めてきた身体で。

両手を広げて “さぁおいで” のポーズ
何もかも受け入れるよ、のポーズ


上半身同士、下半身も絡み合わせ、
首と首、顔と顔をくっつけ、
擦り合わせるくらい密着して体温を交換し合う。

皮膚から体温と異性のホルモンを吸収し、
皮膚と皮膚をこすり合わせて、
自分の匂いか……はたまた体温か……をなすりつけて



うつ伏せになった身体に後ろから覆いかぶさり、
背中に体温を伝える。

頭を抱き、あなたの背中とぼくの胸が密着して
きっと包まれるような気分になっているよね



匂いをかぎ、唇を押し付け、
肌と肌を…まるで熱でも発生させるかのようにすりすりする。






そして、体温交換はまだまだ続く…。































  1. 2007/09/30(日) 13:22:13|
  2. 唇と唇|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サイトの価格




ブログやサイトの価格が分かる!
というサービスがあります。
更新の頻度や訪問者数などで、そのwebページの価格をはじき出すというもの。

今月の頭くらいに新聞にその記事が載り、早速使ってみました。

なかなか面白いです^^
ただいまの価格は、15,018円
最高値は20,000円ちょっとです。

さぁ、どれくらい価格があがるのでしょうか?^^
楽しみ楽しみ。





















  1. 2007/09/27(木) 17:26:17|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

えっちなおもちゃ




敷居は高いが、それを超えてしまうと大きな平原が…。



エッチなおもちゃの世界はそういう感じ?
買うまではドキドキして緊張するけど、
買ってしまうとどんどん興味が出てきて、
使いたくなって…使ってみて、もっと興味が出てきちゃう場合も……。












最初はローターから入る人が多いみたいですね。
ドンキホーテでも気軽に買えますから^^






え?恥ずかしくて買えないって?
じゃあ一緒に買いに行きましょうか^^
その時は使い心地も、一緒に試してみましょうね。








  1. 2007/09/21(金) 18:15:12|
  2. いやらしいおもちゃ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

集中攻撃




“ 洗ってないから…臭いから…いや…いやっ…… ”


それが興奮に変わる場合と、限度を超えてしまうと本当に嫌な場合と、
これは人それぞれでしょう。


嫌なものはいや、
嫌だけど興奮しちゃう、
嫌だけどほんの少しなら…








人によってこれは分かれますね、男も女も。
ぼくは…微妙かな。

洗ってないペニスを舐めらるのは、ちょっと抵抗あるかも。
洗ってないオマンコを舐めるのは、ちょっと抵抗あったりする。
シャワーを浴びて身も心もすっきり~、がお互い気兼ねなくていいね。


まぁ、これにはトラウマ、があるわけですが………。











20代の前半の頃、学生時代の同級生とエッチをしました。
きっかけは、

“ ××さんとエッチしてみたい ”


と、ぼくが言ったから。
数分前まで同級生だったぼくらはその瞬間から関係が変わり、
男女の仲になったのでした。
言ったその日に結ばれて愉しんだのではなく、
後日日程を合わせて…でしたけれど。












で、詳細は避けますが、その人のオマンコの匂いがちょっと………。
ぼくは、生理的にダメでした。
しばらく他の女の子のオマンコを舐められなかったくらい、キツイお匂いで…。
今はもう、その匂いも忘れてしまいましたが、強烈でした。

他にも、トイレに行った後や、寝起きはちょっとダメですね。
これも、ティッシュがたくさんこびり付いていたことがあったり、
●●●のような匂いだったり、
夜の間に出た汗が白い物体と匂いを作り出していたり……と、
それぞれにトラウマがあります^^;

洗うときはビラビラの間や、クリの皮をしっかり剥いて洗うと、
舐めるほうとしても舐めやすいかな。
ぼくにとっては、ですが。





















おおっと、話がずれました。




















それで、洗ってないから舐められるのが嫌、
ほんの少しならいいけど、やっぱり嫌、
という女の子の話。












汗をかき蒸れた下着を脱がす。

若干匂いはするけれど、特に気にならない程度の香り。

けれども、ぼくは言うんだ。




“ わぁ…汗とおしっこの匂いがしてる……くさいよ…オマンコ、くさい… ”








“ ホント? いやっ!舐めちゃいや~っ汚いから…… ”
“ やめてやめて… ”










“ ふふ…^^いやだよ、オマンコ舐めたいもん。あぁ…くさいよ…… ”










“ ねぇ?ほんとにやめて?ね?お願い… ”










“ えぇ…?いいじゃない…舐めさせてよ、洗ってないオマンコ…… ”













“ やだ…汚いから…くさいでしょ?いや… ”











“ うん…くさい…オマンコ、すごいくさいよ……… ”
“ くさいオマンコ舐めさせて………舐めちゃうよ…………… ”














“ ダメ…!ねぇ……だめぇ…? ”
















“ じゃあさ…クリトリスだけならいいでしょ…? ”








そういうが早いか、指で皮を上へ引き上げ、剥き出しにしたピンクのクリトリスへ舌を這わせたのでした。








ペロ……














ああっ!
あん……いい……!
でもくさいでしょ?くさいでしょ?


快感と羞恥の狭間で揺れる女の子の頭の中…。
一心不乱にクリトリスだけを集中攻撃して、
ゆっくりと舐めまわしたり、舌で弾いたり、舌全体を強く押し付けたり…。







快感と羞恥のあいだ。












ビクンビクンと跳ねる腰、嬌声をあげる口、クンニを遮ろうと戦慄く手。

そんな女の子の痴態をみながら、
なおも羞恥を煽る言葉と動き這い回る舌で女の子を責め、
クリトリスだけを責め、



ぼくは…ぼくはベッドの上で腹ばいになりながら
下半身を硬く熱く勃起させていたのでした……。




























  1. 2007/09/19(水) 23:16:32|
  2. クンニリングス・クリトリス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

電マを。



電動マッサージ器
巷で話題になっていますね。強力な武器だ、と。




道具に頼るのはいかがなものかとか、
やっぱり生身の身体同士が良いとか、
そういった批判的な声があるのも知っています。

けれど、使ってみたいんですよね^^やっぱり興味がありますから。



使ったのはこれです。
可愛い色の電動マッサージ器

スイッチが、強と弱、ではなくダイヤルでグググ…と刺激を調節できるタイプ。
最近ではこれのさらに小型バージョンが出て、それにもとっても興味があります^^

























反応は…………

ローターの何倍なのでしょうか…
下着の上からオマンコに押し付けると、大きな声が上がりました…。


クリトリスを探し当てて押し付けると、さらに大きな声…
そして、大きく痙攣する下半身…うねる腰、バタつく足…

いっちゃうまでの時間は、
ローターや指でクリちゃんをコリコリしてあげたときと、
だいたい同じくらいなのかな……

でも、刺激は強かったみたいで大きな声を大きな腰の痙攣とともに、
エクスタシーを迎えていました。

そのあとにオマンコを触ると、もちろんびちょびちょで…。










我慢できなくなってしまった肉棒が、潤いの涙を流している
肉の壷へ飲み込まれていくのでした…。

あぁ……。
































たまには刺激の強いオモチャを使うのもいいですね^^
これを男性器にどうやって使ってもらったかは、またにしますね。














































  1. 2007/09/17(月) 00:06:47|
  2. いやらしいおもちゃ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

women only




電車の座席

混んだ帰宅ラッシュの車内で、スーツの男性が前に立つ。
きっと、フェラをするときの女性の視点とはこんな感じなんだろうね。

目のやり場に迷いを覚えながら、そう思いました。




男性なら男性、女性なら女性が、
それぞれ自分が一番気持ちの良い触り方をしっていると思います。
異性にはやっぱり、分からないことも多いから。

まぁ、自分の知らなかった、やったことのなかった触り方をされたら、
それは又、話が変わってきますが……。
そして、それを探していくのも異性に対する楽しみなんですが^^










で、ぼくは女性としかセックスをしたくありません。
それを踏まえた上で、どうやってチンポを触ったら気持ちいいか、
目の前のスーツの股間を見ながら考えていました(笑)




どんなにSっ気のある男でも、M性は持ち合わせていると思います。
特に、フェラチオの瞬間なんかはね。

それをくすぐる様な触り方や、言葉のかけ方を
さりげなくすることが良いのかもしれないなぁ。












オツユが出てきてるよ   とかね。


触り方もソフトに     とかね。


激しくするのは普通にできると思います。
咥えてしごいて舐め回して……ですから。


それとはベクトルを逆にして、
男が共通に持つフェラのときに生じる若干のM性を刺激してあげたら、
これがまたアクセントになるんじゃないのか???

なんて。












そんなことを思いながら、どう触ろうか考えていました。
イコール、どう触って欲しいか……なんですが。



金玉を手の平でサワサワ…   とかね。


手の平でチンポと金玉を撫で回すように…   とかね。


ねぇ…なんか出て来てるよ…   とかね。











電車の中で、思わずオツユが染み出してしまいそうでした。
もちろん、想像の上でですが。
ふふ^^

























  1. 2007/09/13(木) 23:31:21|
  2. 精液・フェラチオ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0




そこにちょっとだけ愛があると、
とっても素敵な行為に変わる^^


すべてに言えること、だよね。









  1. 2007/09/12(水) 22:34:48|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

kiss




ゆっくりしたリズムのキス
貪るような性急なキス
ねっとりとしたいやらしいキス
ついばむような短いキス

どんなキスが好き?

たくさんあるよね。
ぼくは全部好きです。









もちろん、あらゆる場所に。





  1. 2007/09/11(火) 23:01:06|
  2. 唇と唇|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

土砂降りの雨の中。




雨が降っています。

「東京地方は今夜夜半から明日の午前中にかけて、
1時間に……ミリを超える激しい雨が降るでしょう……………」







NHKの気象予報士がそう伝える中、
しとしと…ざぁざぁとした雨音が外から聞こえる中、
電気を消した部屋の中では、外から入ってくる薄っすらとした
明かりだけを頼りに、男女が交わりの始まりを………。


泥棒は雨の日に入りやすい。
視界も悪く、雨音で音が消されるから。

















音や視界をさえぎり、人の気持ちをさほど他者へと向かわせない雨。
影がゆっくりとうごめき、わずかに鳴り響く、ねちょ…っとした粘膜の音。

普段よりもやや大きめの喘ぎ声も、今はさほど気にならない。
差し込まれた手が微妙にくねってうねる中、
髪の長い人物の影が、少し身体を反らせて口を開けた…。

漏れる声も今は雨に消されてしまい、届くのは目の前にいるもう一つの影の持ち主にだけ。


レースのカーテンから差し込む街の明かり…
遠くに見えるマンションの部屋の明かりが、
ほんのりと室内を照らす。

フローリングに座り込んだ両性の、なんとも乱れた服装は、
これからもっと乱れるのか、それとも一気にはだけるのか。













身体を反らしながらも、男の股間に手をやる女の子。
手の平を上に向け、指先を下に向け、
持ち上げるようにさするように、男の性器を撫で回す。
下着の上からでも心地良く……それはじんわりと下半身を甘くしていく…。




















視界のあまり効かない中でお互いの唇を探り当て、
静かな室内でぴちょぴちょと音を漏らしながら、貪りあう。

口腔と下半身、両方でお互いをまさぐりながら、どんどんと性感は高まっていく……。





























やがて裸になった男女がフローリングに横になり、
女の影が男に跨り、ゆっくりと腰を…上半身を…動かしていく。

男の胸に手をついて乳首をさすりながら、腰を前後に揺らして…

















  1. 2007/09/11(火) 22:42:03|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

池袋のカフェで。




自転車のサドルにディルドやバイブを付けてみたらどうなるんだろう。
そんなことを、池袋のカフェで一息つきながら考えていました。

ディルドをサドルに取り付け、
オマンコのところに穴を開けたストレッチ素材のジーンズでも
履いてもらおうかな。
穴は…穴と言うより、切れ目といった感じにしましょう^^
ちょうどオマンコの割れ目に似た形で、開けてあげましょうね。







履くのはパンツスタイルでのみです。
スカートはヒラヒラして気が散っちゃうだろうから。
で、色は濡れても……何かの拍子に股が開いてしまっても大丈夫なように黒としましょうか。


下着も着用。
パンツの生地に内腿が擦れて痛いかもしれないし。
これは黒ではなくていいですよ。暗色系統なら良しとしましょうか。



それで街を走ってもらったら……

はは^^これはもう、妄想が暴走していますね。









問題は信号待ち…。足を地面につけますから、腰がよじれます。
イコール…膣の中もよじれるってことです。
ディルドやバイブが膣壁の今までと違うところに当たり、
場合によってはGスポットへ、つんつん…と。




材質は膣の入り口に負担のかからない、
芯が柔らかいタイプのものがいいですね。










こんなくだらなく、宜しくないことを考えながら、
窓の外を見てコーヒーをすするのでした。
































  1. 2007/09/11(火) 22:24:21|
  2. Hなひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

焦らしプレイ (ソフトSM……)




この話は書いたのでしょうか。
色々な話を書いていますが、途中で終わってしまっている文章も多く、
オナニーに使用してくれている方には、ご迷惑をおかけしています^^;

なので、このタイトルに関しては、追記という形で
この日記にどんどん文章を足していくことにしてみます^^

全て終わったら 「おわり」 と文末に入れますね^^

9回目の追記をしました。
[焦らしプレイ (ソフトSM……)]の続きを読む
  1. 2007/09/03(月) 22:10:51|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0



最近8日記

最近10コメント

お気に入りリンク

過去の日記

日記のカテゴリー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。