++ Hなこと、好きですか? ++無分類
FC2ブログ

++ Hなこと、好きですか? ++

SMバー

オフィシャルとプライベート、ノンオフィシャルと言うのかもしれませんね。
性に関するそれは、普通の生活とは大きな一線を画すと思います。

私生活の中の、さらに個人的なプライベートな部分。
人によっては、その境界線を乗り越えて人付き合いを出来ることがあるかもしれませんが、
明るかったり、あからさまたっだり、あけすけだったり・・という以外の人の場合、
そこまで境界線を簡単に超えさせて、または自ら超えて、性に関するお付き合いをすることは少ないかと思います。

例えば仲の良い友人、知人でも家族でも、己の性癖や欲望、願望をさらけ出せる人は、
オフィシャル(いわゆる社会生活=仕事や近所付き合い、サークルの仲間など)はもちろん、
私生活の中のさらにセンシティブなプライベートでも、さらけ出せる人は少ないはず。
そして、そうさらけ出せる相手に、出会えていないことも事実。

オフィシャルから、そういう性的な関係に変わっていく相手もいるかもしれませんが、
どこで、どの雰囲気になったらさらけ出し始めていいのか、少し難しいですよね。
話が上手い人は、スッとそして自然に相手に伝え、自分のペースに持っていけるのかもしれませんが。
ぼくも含めてそういうことが苦手な人も多いのかな。

私生活でも同じことだと思います。
あけすけにそんなことを話せて、肉体や精神的な性的欲望をさらけ出せる相手は、そういないですよね。
自分の性癖に何となく気付いていて、だけど私生活でもそれを出せなくて、満たされなくて、だけど渇望してて。
ひょっとしたら、恋人や夫婦の間でも、そういったことは大いにあるのかもしれません。
愛や恋や愛着は、性とは違う。
それらの先に性が存在しているかもしれないけれど、100%イコールにななりえないと思います。
もちろん、パートナーに心が満たされていれば、自分の性癖や欲望、願望が満たされなくても構わないという人もいると思います。
そして、心は心、身体や性はそれとしてそれ、と別な人も。


そういった相手が異性の場合もあるし、中には同性の場合もあるでしょう。
同性の場合、打ち明け話で終わる場合もあれば、肉体を交わらせて確認し合うこと、満たされ合うこともあると思います、男女ともに。
異性の場合は、打ち明け話がお互いの欲望を満たす相互理解になり、ゆくは身体を使った求めあい、満たし合いになることが
ほとんどと思います。
セックスの話をしているのに、セックスをしないなんて。聖人君主やお釈迦様だけの話。
最後は思いやりと尊重をベースにした、性癖と欲望を、お互いの性器で・・・オマンコとチンポで。

“これ!これがして欲しかったの!みんなしてくれなかった!”

そう言って性を貪る女性にあったことがあります。
縁があって交尾をして、縁があって今はもう会うことはないけれど。


さらけ出せる相手はどうやって見つければ?どこで出会えば?
美術館や喫茶店やオフィスで出会うことはないでしょう。
町内会やボランティアで知り合うことも。
餅は餅屋。性の相手は性に関する場所で。
そういった場所でも、最初はオフィシャルな空気から始まって、少しずつ・・・・・少しずつ。

インターネットの世界、性をコンセプトにしたバー。
今ぼくの頭に浮かぶのは、この2つでしょうか。
インターネットの世界にもいろいろあって、出会い系サイトなどは部類に入るでしょうね。そしてこの日記も。
時々、私生活では旦那さんや恋人にさらけ出せない性の話をしてくれる女性からメッセージを頂くこともあります。
乱交サークルや、夫婦交換(スワッピング)などは、少し違うのかなと感じます。経験したことが無いので、あくまで感じるだけ。
経験したら、その価値観は変わるかもしれない。
乱交やスワップは、受け手ではなく、発信者の性癖。そこを満たすために参加するのは、二次的な性的興奮なのかなと思います。
もちろん、二次的な興奮でも、最高潮に興奮して勃起して、腰を振ってしまうことでしょう。
けれども、発信者の性的興奮を上回ることない。そう思います。
そして、そこまで性にあからさまになれない。



“初めまして!セックスしようよ!ぼくは女の子をいじめるのが好きなんだ!今からラブホ行こう!”

なんて。


“私はSでね。いつもプレイをすると女性が泣いて喜ぶんだ”

なんて。

チンポが洋服をきて喋っているだけのオナニーセックスの被害にあってる女の子がいないことを願います。


“えーっ!そうなんですか、試してみたーい!”

なんて反応をするジャンクセックス子と時間の浪費をすることもなく。




自分のジャンルは、満たされないけど満たされたい、満たされたいかもしれない、という女の子と、
いやらしくて優しい、秘密のセックスをすること。
だけどナンパもしないし、出会い系サイトに張り付いているわけでもない。
人はそんなぼくを、もどかしい・・・と表現するのだと思います。

だけどセックスが好きで好きでたまらなく、自分の男性器を、女の子の性器の中に埋め込んで、
めくるめく快感を味わう時間を過ごしたい。
性欲は益々盛んに。

もっと知りたい。もっと経験してみたい。
そんなことがいっぱいです。





スポンサーサイト
[PR]

  1. 2019/11/16(土) 21:46:46|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いちにちいちにち

早い早い早い。
いってしまうのではなく、時間の過ぎるのが。

前の日記から、あっという間に一か月が経ってしまいました。
書きたいことはたくさんあるのにな。


  1. 2015/02/17(火) 23:50:11|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

もう少し

少し時間が空いてしまいましたね。
少ししたら、また書きたいと思います。

すっかり寒くなっていますが、体調を崩してはいませんか?
  1. 2015/01/19(月) 23:52:11|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

バーカウンターの男女 2


日曜の夜にバーへ来た彼女。
ゆっくりとカウンターに腰かけた後、なにかお酒を注文したようだ。
バーに行くときは一人の時間を過ごすことが目的だから、他のお客にほとんど興味が湧かない。
耳に入ってくるシェイカーを振る音も、バーテンダーとお客との会話も、客同士の会話も、立派なBGM。
流れていたのは知っているけれど、何が流れていたかは知らない。そんな感じ。

丸い氷とウィスキーが混ざり合って、徐々に変わっていくグラスの中のお酒の味を、ゆっくりと味わうのが好き。
ぼくはタバコを吸わないけれど、そんなときには漂ってくる鈍色の煙も、時には立派なBGF。

盛り合わせのオリーブを指でつまみながら、次は何を飲もうかとバックバーを見渡す。
あまりお酒は詳しくないから、バーテンダーさんに任せてしまおうかな。

そんなことを考えていると、自然な動きでチェイサーが継ぎ足される。
心地いい、ただただぼーっとするためだけの時間。





日曜日の夜。
そんな時間にバーへ一人で来る女性が、彼の興味を引いたらしい。

「よくここには来られるんですか?」

まるで教科書に書いたようなセリフが聞こえてきた。



へー。また今夜も一つ、出会いが生まれたんだね。
そんなことを思いながら飲んでいると、すぐ隣で始まった男女の会話は、自然と耳に入ってくる。


「主人とケンカして、飛び出してきちゃったんです」
「子供のことで言い合いになって・・・」


「そうなんですかー。お子さんは何人いるんですか?」



うん????
なんかキャッチボールが成り立っていないんじゃないかい?

会話が自然な流れなら、男女の出会いのワンシーンに関心はないから、BGMとして流れていくんだろうけど、
ピアノの演奏を間違えたかのような、ドラムのリズムが急に狂ったかのようなそんな違和感に包まれ、
ぼくはぼーっと出来なくなってしまった。

あーあ。






つづきます。

  1. 2014/12/02(火) 01:01:10|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バーカウンターの男女




カラン・・・・クルクルクル・・・・・

ウィスキーグラスに氷の当たる音がして、透明な丸い球体と琥珀色の液体がゆっくりと混ざり合う。
特に何を見るでもなく、バックバーを見て、ぼーっとしている。
最近はやたらと騒がしいバーが多くなった。いや、そういうバーにしか巡り合えていないのかもしれない。
やたらと話しかけてくるバーテン。時にはギャンブルの話、時には下世話な性の話。

先日いいな、と思って入ったバーはひどくて、落ち着いたお店の中でバーテンが売りである手品を見せながら、
その口上の中でストレートな下ネタをバンバン言っていた。
キャバクラなら許されるのかもしれないその内容は、落ち着いた雰囲気を謳うそのバーには不釣り合いで、
ちょっとした不快感しか感じなかった。
ゆっくり飲みたいときや、話し込みたい相手と訪れたいときに、こんな店は使うことが出来ない。
そんな店にいるのはバーテンダーではなく、バーテンである。

どこかって?
それはグルメサイトに載っています。



適当にそんなことを考えながらウィスキーを飲んでいると、女性が一人でバーに入ってきた。
時間は日曜日の夜10時。
女性が一人で入ってくるのは珍しいことではないから気にしないけど、店内の客層によっては興味の対象となる。

バーのカウンターでのナンパ。
その対象となるから。




ぼくがカウンターの左端に座り、彼女は席を一つ開けて隣に座った。
彼女の一つか二つ隣には、男性が座っていた。
日曜の夜にバーへ来た彼女は、見知らぬ男に挟まれて酒を飲むことになる。




つづきます。

  1. 2014/11/27(木) 00:42:21|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ



最近8日記

最近10コメント

お気に入りリンク

過去の日記

日記のカテゴリー