++ Hなこと、好きですか? ++
FC2ブログ

++ Hなこと、好きですか? ++

あなたの持つ性欲



その女の子の見た目は、決して明るいとは言えない色の輻輳でした。
ダークグレーのパーカーに、同じような色のロングスカート、
肩までかかる髪の毛は黒く、やや乾燥しているよう。
話す言葉もあまり多くはなく、輻輳の色と似たような、やや暗い性格だったのかもしれません。

ただその内面は・・・。
内に秘めた性に関する欲求や願望、希望は・・・。


ラブホテルの部屋で裸になった彼女の肌は、服装と対照的で白く、
乳首の色も薄めでした。
そして驚くことに、下半身の中心には、表面的に見る限り毛がありません。
白い肌が、その割れ目までよく見える、様でした。
お尻も同じ。柔らかく小さめなそこは、小さな桃のよう。

“見てください・・” と言って、立ちながら両手で女性器の割れ目を開いたそこにも、
毛はありませんでした。
女性器の色、、、今度は肌の色と対照的で、赤。真紅の性器がグロテスクに光っていました。
そう。
もう光っていたのです。
ただ裸になっただけのはずなのに、もう濡れていました。


彼女は、自分の身体を男性に、そう扱われることに快楽や快感を感じるようでした。
両手を拘束し、両足を拘束し、まるでダンゴムシのように丸められたその恰好のまま、
女性器に男性器を突き立てられ、好きなように腰を振られるのが好き。
痛いくらいに激しく突かれるのは当然嫌だけど、やや強引にされるのが好き。

今まで誰と、そして何本の男性器を挿入されたか分からない彼女の女性器は、
真紅だけれども、オマンコを囲む小陰唇がいやらしい形をしています。
舌でなぶる、唇で挟んで愛撫するにはちょうどいい長さ。

“オマンコを舐めてもらうのが大好きです。物凄く気持ちいいから・・・”

そう話す彼女と、駅で会った時の彼女のギャップは、ぼくの下半身に大量の興奮と血液を集めました。
まさか、彼女と普段性的なことで接しない全ての人は、その心の奥底に性の欲望を
こんなにも抱えているとは露ほども思わないでしょう。
ぼくもそうであったら、一つも思わないと思います。
けれどホテルのベッドの上では今、両足をMの字に広げ、両手で性器の中を晒す姿が目の前にあるのです。


見た目では一切分からない。
当然。
話してみても分からない。
当然。
さらけ出してくれて初めて分かる、その欲望。
剥き出しになった女の子の性欲を垣間見せてもらえた瞬間が、たまらなく好きです。
ドクン、と心臓の鼓動が一つ大きくなります。



結局、ダンゴムシのような恰好のまま、ぼくは彼女を横向きにし、
その真っ白い脚の中心の赤いところに性器を突き刺しました。
情けない顔をして快楽を味わいながら、腰を振りました。
止まりませんでした。
性欲を剥き出しにしてくれたことに興奮してしまい、腰が止まりませんでした。
一心不乱に腰を振り、時に抜いて口でしゃぶってもらい、そしてまた突き刺して。
虫のように動物のように腰を振り、一番奥で、一番気持ちいい瞬間を味わい、たくさん注ぎ込みました。

ビクンビクン、ドクンドクン、ドピュドピュ・・・どの表現が適切なのか分からないけど、
一番奥にたくさん精液を出しました。
引き抜いてコンドームを外した性器を、

“綺麗にさせてくださいね”

といって、ふやけるほどしゃぶってくれます。

“あう・・・”

と、ぼくがくすぐったさのあまり情けない声を出してしまっても、
そんなことには慣れっこかのように、気にせずしゃぶり続けていました。



あなたは性欲を、どう満たしていますか?
どんな性欲を持っているんですか?
どんな行為が好きなんですか?

街を行く女性たちに、そう心の中で問いかけてしまうきっかけの一つは、
彼女が性欲をさらけ出してくれたことがきっかけかもしれません。
どんな性欲を、性癖を持っていても、それがあなた自身なんでしょう。
女性たちの性欲に、とても興味があります。






スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2018/10/13(土) 22:41:35|
  2. ソフトSM|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

初めてのえっち

初めてのエッチは、いつも戸惑います。
楽しみも多いですが、どうやって愛撫したらいいのか、いじめたらいいのか、いじめられたらいいのか、
わからなくなります。

もちろん、ベースにはぼくがしたいことをする、女の子が嫌がらない範囲で、って思いますが、
女の子はほんとに一人ひとり、エッチについても全部が違うので、
考えすぎてしまうということですかね。

キスは?
髪の毛は触っていいの?
耳は優しくなでるだけ?エッチな言葉をたくさん囁きたい。
うなじは?
×××は? △△は? あれは、これは・・・・?
と。

オマンコもそう。
クリトリスはどうやって触られるのが好きなのか、あまり好きじゃないのか。
舐めるときは、触るときは、入れるときは・・・・。
ついつい、頭のどこかで考えてしまいます。

一つになるときもそう。
欲望の赴くままに腰を振ってしまいますが、気になりますね。
最初~最後まで、奥から入口まで、女の子の好き・好みはほんとそれぞれ。
ぼくの好みもほんとそれぞれ。
チューニングを合わせるように、2人の波を一つにすることができれば、
その日のエッチは、それはそれはいやらしく楽しいものになります。
けれど、同じ女の子でも次回にエッチするときはまた、チューニングが少し変わっていたりする。
難しくも楽しい瞬間です。

エッチが上手になりたい、とずっと思っていますが、どうやったら女の子に気持ちよくなってもらえて、
さらけ出してもらえて、お互いに興奮するエッチができるのか、いつも考えてしまいます。


この間、久しぶりに2日連続で違う女の子とエッチをすることがありました。
そのときに、ここに書いたようなことを感じたのです。
もちろん、それぞれにいやらしいことをして、お互い気持ちよくなれた・・・と思いますが。
いつまで経っても分からないもので、それがまた楽しいんですけどね。










  1. 2018/10/01(月) 12:45:28|
  2. セックス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ドライオーガズム

女の子のエクスタシーと同じ、強烈なあの快感に襲われるというのです。
あの・・・は、見たことしかないので、どのような快感なのかは分からないのだけれど。

目の前で、目をぎゅっとつぶりながら、うわ言のように喘ぎながら、身体を・・・いや腰を
小刻みにグラインドさせたり、そうかと思えば全く力が入らなくなってぐったりとしてしまったり。
やがて訪れるその瞬間には、見ているこちらがそれはそれは羨ましくなるほどの快感を味わっているんだろうな、
という、身体や性器の中の痙攣。

それが、男でも味わえるというのです。
射精のない、ドライオーガズム。(射精のある=ウェットオーガズム)
言葉にするのは簡単ですが、実際は雲を掴むような話。
だって、経験したことのない快感なんだもの。

“いく” は、快感を経験することが必要なのそうです。
身体に覚えこませること、身体で覚えること、脳で経験すること。

“なか” を刺激される間隔は、男も女も一緒なのでしょうか。
  1. 2018/09/28(金) 00:01:45|
  2. 女の子の舌遣い|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自分で開く。




オマンコ。
恥ずかしいその部分を、女の子に自分で開いてもらうのが、たまらなく好きです。

膝を立ててベッドに横になっている女の子。
顔が上気して、すでにかなり興奮していて、ぼくの勃起したチンポもすでにたっぷり触ってくれて。
その白い手が、ぼくのチンポから漏れてしまったいやらしいツユで濡れているんだけれど。

濃厚なキスを何回も何回もしたおかげで唇に塗られていた口紅ははがれ、
ぼくの唇はもちろん、亀頭やチンポの幹にも、その残滓がこびりついていて。
柔らかく膨らみをたたえている優しいおっぱいも、ところどころキスマークがつきはじめ、
乳首はピョコンと勃起して、たくさんいじられて舐められた乳輪が少しだけ赤くはれている。

薄い茶色がかった髪の毛が、汗ばんで頬やうなじに貼りついている。
耳の穴に指を出し入れするのはもちろん、唇で挟んで優しくその溝を愛撫したり、
クリトリスに見立てた耳の突起を、それはそれはいやらしくこね回したり。
いじめる過程で、亀頭を耳の穴に押し付けて、その熱さと弾力を脳にダイレクトに届けようともしたところ。

だけど、まだオマンコは触れてもいないし、見てもいない。
さっき身体を横にねじったとき、女の子のお尻が少し濡れ光っているのが見えたから、
もう相当、オマンコが濡れてしまっているはず。


だけど、ぼくはまだまだオマンコには一切触らず、
それ以外のところをゆっくりと色々と触ったり舐めたり、
色々なところにチンポを擦り付けて、亀頭の先から漏れるツユをなすりつけているところ。




「オマンコ熱くなってきてるんじゃない?」

耳元でささやくと、女の子は恥ずかしさを隠そうとするのか、興奮していることを悟られないようにするのか、
聞こえないふり。


「もう、たくさん濡れちゃってるんでしょ・・・?」

耳元でささやくと、女の子は恥ずかしさを隠そうとするのか、興奮していることを悟られないようにするのか、
聞こえないふり。



「舐めて欲しいならゆっくり足を開いて、指でオマンコの奥まで見せてごらん?」

耳元でささやくと、女の子は恥ずかしさを隠そうとするのか、興奮していることを悟られないようにするのか、
聞こえないふり。
そして、葛藤が始まった瞬間でもあります。
こちらから理由や言い訳を作ってあげることはせず、欲望を剥き出しにして自分からオマンコを開いてもらいたい。
女の子が、気持ち良くなりたいって思ったり考えていることを、最高に恥ずかしい形で表現させてあげたい。


ぼくの頭の中は、そんないやらしいことでいっぱいです。
もちろん、早くオマンコを見たい。早くオマンコを舐めたい。早くクリトリスをしゃぶりたい。
そんな欲望で頭がいっぱいで、チンポからツユが溢れ続けています。
だけどそこを我慢して、女の子が自分からオマンコを開いてくれるのを待つのです。












やがて葛藤が終わり、女の子の足やゆっくりと開きはじめ、両手がオマンコのビラビラを・・・・・・・。











































何回も言葉をかけ、ようやく女の子の足がゆっくりと開き始めたその瞬間は、
何回見ても、何回味わっても、それだけで精液が漏れてしまいそうな興奮を覚えるのです。

最高のスパイス。



  1. 2018/02/04(日) 21:29:27|
  2. オマンコ・女性器|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

キスと手コキと下着の中に・・。

外気が気持ちいい季節、夜の公園、人気のないベンチの陰。

周囲からはちょっと隠れてよく見えない場所に、それほど目立たない色の服を着たぼくたちがいる。
影は二つあるはずなのに、大きな一つの影になっていて、それが時々揺らめき動いている。

向かい合ったぼくたちはお互いに肌を一部露出させて、相手のそれを指先で触り合っている。
女の子はブラジャーをたくし上げ、おっぱいの一部をシャツで隠した感じ。
ぼくはジーンズのベルトを外し、トランクスの前開きからペニスを剥き出しにしている。
女の子はジーンズのチャックを下まで下ろし、淡いピンクの下着のレース部分が少し見えている。
少し手を伸ばせば、柔らかい繊毛が手に触れるくらい。


周囲を伺いながら唇を合わせ、音が出ないようにお互いの口腔内の空気を吸い合うようにキスをする。
力を抜いて柔らかくした舌同士を密着させ、ゆっくりと動かしあう。
唾液は送り込み、送り込まれ、飲み干してもらったと思ったら、今度は新たな唾液が送り込まれてくる。
くっつけた唇の端から、サラッとした唾液が零れ落ち、顎まで滴ってくる。
唇も力を抜き、優しくかぶりつき合うように柔らかく動かす。
はぁ・・・・と、時々こぼれる吐息が、夜の公園の静寂に溶け込んでいく。
舌で歯茎をなぞり、舌で歯茎をなぞり、舌で歯茎をなぞる。すると唇の端から、混ざり合ったぼくらの唾液が逃げてしまうので、
舌を伸ばして唾液を奪い合う。
舌先で口の中の粘膜を味わいつくし、上あごまでも愛撫する。
力を入れてはいけない、力を入れてはいけない。
柔らかくした舌と唇で、感触を味わってもらい、感触を味わう。


ふと気付いたときは、お互いの手が自由に動いていて、ぼくの手は女の子のおっぱいに。
女の子の手は、ぼくのチンポの先っちょに。
恥ずかしいことに、泣いてしまったかのように先走りのツユが漏れていて、
白くて優しい人差し指が、亀頭全体にツユを塗り広げてくれる。
ピクン・・・ あまりの快感にチンポが痙攣すると、尿道までせり上がってきていたツユが押し出され、
またまた先走りのツユを漏らしてしまう。
情けないことにツユが次から次へと溢れてきて、女の子は人差し指をやめ、手のひらで亀頭を擦ってくれる。
時々、イタズラするかのように、爪の先で裏スジをくすぐるので、キスをしている口の中から、喘ぎ声が漏れてしまう。


おっぱいへ伸ばしたぼくの手は、指先指先指先。
焦らすのは人差し指、乳首を触るのは中指、優しい柔らかさを味わうのは、親指と小指。

つづきはまた。
  1. 2017/07/27(木) 01:25:20|
  2. 精液・フェラチオ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ



最近8日記

最近10コメント

お気に入りリンク

過去の日記

日記のカテゴリー