++ Hなこと、好きですか? ++
FC2ブログ

++ Hなこと、好きですか? ++

スイッチ


さっきまで浴衣を着ていたその身体。
華やかな色を身にまとっていた女の子が、性器をむき出しにしてチンポで突かれている。
ひっくり返ったカエルのような恰好をして、オマンコに男性器を出し入れされ、嬌声をあげている。


花火大会。
身体の奥底まで響く爆発音が、1発ごとに性器を刺激するようで。
それは亀頭なのか金玉なのか前立腺なのか分からない。女の子ならクリトリスなのか子宮なのか。
夜空に華咲く大輪の花。ほどよい横風が花火の煙を横に流して、次から次へと刹那のショーが始まっていく。

やや汗ばんだ手を繋ぎながら、意識は相手の性器へ。
自分の性器がこれから味わう快感へ。
事前に約束した、花火大会後のセックス。
そのために、自分の性器の毛をつるつるに剃ってくることを決めていたから。

“どうなっているんだろう・・・”
“どんないやらしい眺めになるんだろう”


毛のないチンポ、毛のないオマンコ。


最後の最後に連続で打ち上げられる花火を身体全体で感じながら、これから始まる交尾のことで頭がいっぱい。
すでに勃起しているチンポからは、多分先走りのツユが漏れているはず。
尿道を通るツユの感触がいやらしい。

人混みに揉まれ、“やっぱ混んでるね” “すごいね” なんて、何てことのない会話を表面上でかわしながら、
頭の中はセックスのことでいっぱい。
口には出さないけれど、本心は早くやりたくてしょうがない。

“本当は早く入れて欲しくて仕方なかったの” そんなことを後から言うなんて。


自然と足は鶯谷へ。
下町のラブホテル街、鶯谷へ。
ネオンサインが全てラブホテル。
行き交うカップルの中には、同じように浴衣を着た女の子もちらほら。
みんな、これからやることは一緒だよね。
お互いの粘膜や手や性器、視線や想いを擦り合わせて、気持ち良くなりたいだけ。確かめ合いたいだけ。

薄暗いエントランスで部屋を選ぶ。
もうどこでもいい。早く二人きりになりたい。早く・・・早く・・・。
甚平の股間は、はっきりと分かるくらい勃起している。
今日は下着を付けてきていない。
つるつるのチンポが布切れ一枚隔てたそこに。
一番いやらしそうな部屋のスイッチを押す。


エレベーターが来る。
回数ボタンを押す。扉を閉めるボタンを押す。
これもスイッチ。
交尾のスイッチがどんどん押されていく。


部屋の前につく。
鍵は、わざと女の子に開けてもらう。
女の子自身にもスイッチを入れてもらうつもりで。


部屋の中に入る。
既に明るくなっている部屋。
部屋の中央にはベッド。
交尾するためだけにあるベッド。
もう、チンポはギンギン。喉から性欲が飛び出しそう。
早々に女の子をベッドへ押し倒し、 “キャッ” と倒れた女の子に覆いかぶさる。
パネルを操作して “スイッチ” を切り、部屋が暗くなったその瞬間、2人のスイッチがようやくONに。

脱ぐのがもどかしい甚平の下衣。
慌ただしく膝までおろし、女の子の顔に覆いかぶさってチンポを口にこすり付ける。
ためらいなくくわえ込んでくれる女の子の口の中は、ねっとりと熱く、水分が少し少なかった。

“つるつるだね・・”

そういいながら、早くもその感触を手で確かめてくれる。
やわやわ、さわさわと、垂れ下がった金玉を揉みしだいてくれる。
鼠径部を撫でまわしてくれる。
舌は亀頭を舐めまわしてくれる。

つい腰が動いてしまい、情けない声を出しながら、 “花火を見てる時からずっとやりたかった・・・” と、
ようやく本心を露にする。
すると女の子は、 “私も。ずっとエッチしたかった。”
いつの間にか女の子は、金玉を触っていない方の手で浴衣の下半身をはだけ、自分の性器を触っていた。
よく見ると下着を履いていない・・・!

そんな約束まではしていないのに。
オマンコの毛をつるつるにするって約束だけだったのに。
ずっとノーパンだったのかと思うと、興奮が全身を支配してしまい、一層強く腰を振ってしまう。


女の子に自分で触らせているわけにはいかないので、シックスナインへ・・・。

































スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2019/07/27(土) 22:21:24|
  2. セックス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

乳首つまみ




あなたの上で、あなたの中にぼくの固くなったものを入れながら、
いやらしい乳首をつまむ。

乳首をつまみながら、強く鷲掴みにしながら、またたっぷり腰を振らせてもらおうかな。

「それ!それをして欲しかったの!誰もしてくれないの!」

そういいながら痙攣するあなたを、ぼくは腰を振りながら目を見開いて見下ろす。


たっぷり楽しもうね?
ねぇ?欲求不満“気味”の人妻さん?
  1. 2019/07/24(水) 00:36:54|
  2. おっぱい|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

判断の基準



気持ちいいの?
興奮するの?
いやらしいの?
恥ずかしいの?

それが判断基準。

精液を吐き終えてしなびたチンポ、しゃぶって大きくしてごらん・・。
いつもと違う感覚もたまにはいいね。 
  1. 2019/07/24(水) 00:33:57|
  2. Hなひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いやらしいペニス

広いお風呂と少し熱い湯船が好きなので、時々銭湯へ行きます。
ゲイ等ではありませんが、やはり同性の性器は気になってしまうもの。
女性も、おっぱいなどでそういった感覚はあるのでしょうか。


ふと、お風呂から上がる前に、出入口の近くくで体をふいていると、シャワーをしている初老の男性が目に入りました。
洗い場から脱衣場へ行く前、ということですね。
男性の場合、電車の中のように足を広げて頭を洗う人がほとんどですので、
場所や角度によっては、他人の性器が丸見えになることがあります。

洗い場の中では、タオルで前を隠すのは若い高校生とか中学生くらいで、みんなほとんど丸出しですから、
もう、見慣れた風景ではあるのですが。


が、その男性の性器は周りの人たちとは明らかに違いました。
太いのです。そして、先端部分もそれに準じて大きい。
思わず見入ってしまいました。
立派!というより、その太さや先端の形と大きさは、いやらしい感じがしました。
上手く言い表せませんが、セックスの快感を身体で十分知っている女性が見たら、
欲しい、試してみたい、と思うんじゃないかな、と勝手に思ってしまいます。

体格が少し良い方だったのですが、少しだけおなかが出ているので、昔運動をしていたような感じですか。
シャワーが終わってお顔を拝見すると、優しそうな男性でした。
それなのに、性器がとてもいやらしい。
きっと、その性器で絶頂を味わった女性も多いんだろうな、と思ってしまいました。
よく、男性のペニスは太さや長さ、大きさじゃない、ということを聞きますが、
いやらしい形のペニスはどうなんでしょう!とか。
普通の?と言っても、標準が分かりませんが、それと比べたら、こっち、となりそうな性器です。

そして、垂れ下がっているものも少し大きい。

正直なところ、この男性がセックスしているところや、勃起したところを見てみたい!と思ってしまいました。
女性器にズッポシとはまっているところを見てみたい、と思ってしまいました。
そして、ほんの少しだけ、ほんの少しだけですが、、通常時と勃起時のそれを触ってみたい!
と思ってしまったことを告白しておきます。



ふと、ぼくのペニスは、女性から見たらいやらしいのだろうか?と思いました。
大きさとかじゃなくて、見た目はどうなんだろう、と。
普通なのかなあ。
とても気になってしまいますが、「普通だよ」なんて言われてしまったら、きっと少し落ち込んでしまうのでしょうね。
いやらしいことは大好きでたまりませんが、自分のペニスの見た目のいやらしさを気にしたのは、初めてかもしれません。















  1. 2019/03/03(日) 01:23:39|
  2. Hなひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3人の女性

この土曜日、久しぶりに大人のデパートエムズへ行きました。
場所は、都内だけど秋葉原ではないところ。池袋です。

秋葉原の大人のデパート、昔は人も少なくてゆっくりと買い物や鑑賞ができましたが、
今や観光地化してしまいました。
外国人も多く、日本人もたくさんです。すれ違うのも大変なほど。
なので、池袋へ行っています。まあこちらも、そこそこ混んでいるんですけどね。

その池袋店で、3人の女性を見かけました。

1人目。
彼氏と来ていた若い女の子。
彼氏ともども性にオープンなのか、ドンキホーテで買い物でもするかのような、
雰囲気で買い物をしていました。
ふと見ると、彼氏の手にはかなり太いバイブが・・。

“買うつもりなんですね・・”  心の中でそう思ってしまいました。
聞こえてきたのは、「前にここにあるサプリ飲んだけど、全然ギンギンにならなかったよ。」
「あたしもこれ、飲んだけど聞かなかった」

なかなかですね。
これから近くにあるラブホテルへ行って楽しむのでしょうか。
セックスをファッションで楽しんでいる感じなんですかね。そんな印象を受けました。

3人目。2人目は最後に。
この店は、地下1階と2階になっています。
地下1階はバイブとかローションとかコンドームとか。あと、オナホールもたくさんあります。
ぼくは目隠しが欲しかったので、地下2階のフロアに行ったのでした。
そこは、拘束具とコスプレのフロアです。人がほとんどいません。
久しぶりに、落ち着いて拘束具を見ることができました。

お目当ての目隠しを手に取って、地下1階のレジに向かおうとしたら、
階段から降りてきたのが、カップルでした。
男性・・中年で少し太っていらっしゃる。頭髪も薄かった気が。
女性・・黒っぽい服を着ていて、少しふくよかな感じ。

階段ですれ違います。
少し狭いので、上から来たそのカップルが踊り場で待っていてくれました。
スッと男性が空けてくれます。
しかし、立ち方が違う。
ただぼくを通らせようとするのではなく、女性を隠すようにぼくの方を向いて立ったのです。
そして女性は、その後ろに隠れるように横を向いて立ちました。


おっ・・・・。


それがぼくの第一印象です。
そして思いました。
「素敵だな」 と。
男性が女性を、こういった場所でさりげなくガードする。
好機の目にさらされてしまうそういう店で、女性を安心させる。
そして女性も、それに慣れている。

2人が降りて行ったのは、SMグッズとコスプレ衣装がしか販売していないフロア。
何を選ぶんだろう。これからどんなプレイをするんだろう。
きっといやらしく、淫靡なんだろうなと思いました。
関係が出来上がっているのか分かりませんが、お互いに性癖がマッチしているんだろうなと。
きっと彼女はその彼に拘束されたり、いやらしい恰好をさせられ、
最後は犯されるようにセックスをするのかな。
そんな風に思ったのでした。


2人目
この女の子は、なんと一人で来ていました。
ぼくが店に入ったときはすでにいて、ローターの棚を見ていました。
そして、店内をじっくり見ながらいろいろな棚を見て、コンドームの棚でも同じようにしていました。
いえ、じっくり見ていたわけではありません。
エリアで、何を見ているのか何となく分かりますからね。

店にいた男性全員が彼女に興味を持ったと思います。
こういう店に一人で来るんですから。
見た目は20代前半でしょうか。
紺?のスカートをはいて、上着は白っぽかったような気が。
大人しそうな感じでした。
日常の世界で見かけたなら、性に興味があるなんて全然見えないと思います。

とにかくローターやバイブのコーナーに時間をかけていましたね。
初めて、勇気を出して来たのであれば、試しに手に取るのすら恥ずかしいことでしょう。
目的のものがたった1つだったとしても、それを隠すために他に余計なものも買ってしまうってことも、
あると思います。

ぼくはナンパとかできないし、ましてやそういう店で声をかけるなんてのは、失礼に当たると思います。
真剣に性を選んでいるのに、邪魔してはいけない、と。
ああ、でも声をかけてどんな性欲を秘めているのかも、聞いてみたい気もします。
こんな店に一人で来るなんて、よっぽどいやらしい女の子なんだろうな、とも思います。
別のところで知り合ってそういう話ができたのなら、
根掘り葉掘り聞いてしまって、最後はホテルでお互いに実践・・なんてね。

ひょっとしたら、プレイ相手からの指示で買いに来ていたのかもしれないし、
ノーパンで買い物に来て、一人興奮を味わっていたのかもしれませんが、
どうもそういう感じはなさそうでした。


ネットで注文はできない環境か、個人情報が気になって買いに来たのかな、というのが第一印象でした。
性への興味が、恥ずかしさを超えたんでしょうかね。

そういう女の子は、オナニーしながらの放尿とか、教えてあげたくなります。
お風呂場で浴槽に腰掛け、クリトリスにローターを当てながらのおしっこが、
どれほど興奮してどれほど開放感に浸れるか、そばで一緒に試してあげたくなります。
勃起したチンポを見せつけながら、ローターでのオナニーをし続けて欲しくなります。
オナニーの途中でもいい、いってからやいく瞬間でもいい、力を緩めておしっこをしてもらい、
そのあと勃起したチンポでオマンコをかき回したい。

そんなことを思いながら、買い物をしていました。

気付くともういなかったので、お目当てのものを買って退店したのでしょう。
何を買い、いつ使うのかな。どうやって使うのかな。
とても気になります。

ぼくはぼくで、目当てのものを買って店を出ました。
外は土曜日の昼間。
一気に喧騒に包まれて、今までのいやらしい気持ちは秋の風と人の声にかき消されます。
ぼくも日常に戻り、そこを後にしました。


ラブホテル街もそうだし、こういう店もそうですが、性を強く意識させる空間が本当に好きです。
この日、改めてそう思いました。
人の性行動を見たり、いやらしいことをしたり考えたりするのが大好きです。
もちろん、2人でする気持ちいいアレも。













  1. 2018/10/22(月) 00:12:53|
  2. いやらしいおもちゃ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
次のページ



最近8日記

最近10コメント

お気に入りリンク

過去の日記

日記のカテゴリー