++ Hなこと、好きですか? ++
FC2ブログ

++ Hなこと、好きですか? ++

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

自分で開く。




オマンコ。
恥ずかしいその部分を、女の子に自分で開いてもらうのが、たまらなく好きです。

膝を立ててベッドに横になっている女の子。
顔が上気して、すでにかなり興奮していて、ぼくの勃起したチンポもすでにたっぷり触ってくれて。
その白い手が、ぼくのチンポから漏れてしまったいやらしいツユで濡れているんだけれど。

濃厚なキスを何回も何回もしたおかげで唇に塗られていた口紅ははがれ、
ぼくの唇はもちろん、亀頭やチンポの幹にも、その残滓がこびりついていて。
柔らかく膨らみをたたえている優しいおっぱいも、ところどころキスマークがつきはじめ、
乳首はピョコンと勃起して、たくさんいじられて舐められた乳輪が少しだけ赤くはれている。

薄い茶色がかった髪の毛が、汗ばんで頬やうなじに貼りついている。
耳の穴に指を出し入れするのはもちろん、唇で挟んで優しくその溝を愛撫したり、
クリトリスに見立てた耳の突起を、それはそれはいやらしくこね回したり。
いじめる過程で、亀頭を耳の穴に押し付けて、その熱さと弾力を脳にダイレクトに届けようともしたところ。

だけど、まだオマンコは触れてもいないし、見てもいない。
さっき身体を横にねじったとき、女の子のお尻が少し濡れ光っているのが見えたから、
もう相当、オマンコが濡れてしまっているはず。


だけど、ぼくはまだまだオマンコには一切触らず、
それ以外のところをゆっくりと色々と触ったり舐めたり、
色々なところにチンポを擦り付けて、亀頭の先から漏れるツユをなすりつけているところ。




「オマンコ熱くなってきてるんじゃない?」

耳元でささやくと、女の子は恥ずかしさを隠そうとするのか、興奮していることを悟られないようにするのか、
聞こえないふり。


「もう、たくさん濡れちゃってるんでしょ・・・?」

耳元でささやくと、女の子は恥ずかしさを隠そうとするのか、興奮していることを悟られないようにするのか、
聞こえないふり。



「舐めて欲しいならゆっくり足を開いて、指でオマンコの奥まで見せてごらん?」

耳元でささやくと、女の子は恥ずかしさを隠そうとするのか、興奮していることを悟られないようにするのか、
聞こえないふり。
そして、葛藤が始まった瞬間でもあります。
こちらから理由や言い訳を作ってあげることはせず、欲望を剥き出しにして自分からオマンコを開いてもらいたい。
女の子が、気持ち良くなりたいって思ったり考えていることを、最高に恥ずかしい形で表現させてあげたい。


ぼくの頭の中は、そんないやらしいことでいっぱいです。
もちろん、早くオマンコを見たい。早くオマンコを舐めたい。早くクリトリスをしゃぶりたい。
そんな欲望で頭がいっぱいで、チンポからツユが溢れ続けています。
だけどそこを我慢して、女の子が自分からオマンコを開いてくれるのを待つのです。












やがて葛藤が終わり、女の子の足やゆっくりと開きはじめ、両手がオマンコのビラビラを・・・・・・・。











































何回も言葉をかけ、ようやく女の子の足がゆっくりと開き始めたその瞬間は、
何回見ても、何回味わっても、それだけで精液が漏れてしまいそうな興奮を覚えるのです。

最高のスパイス。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2018/02/04(日) 21:29:27|
  2. オマンコ・女性器|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

キスと手コキと下着の中に・・。

外気が気持ちいい季節、夜の公園、人気のないベンチの陰。

周囲からはちょっと隠れてよく見えない場所に、それほど目立たない色の服を着たぼくたちがいる。
影は二つあるはずなのに、大きな一つの影になっていて、それが時々揺らめき動いている。

向かい合ったぼくたちはお互いに肌を一部露出させて、相手のそれを指先で触り合っている。
女の子はブラジャーをたくし上げ、おっぱいの一部をシャツで隠した感じ。
ぼくはジーンズのベルトを外し、トランクスの前開きからペニスを剥き出しにしている。
女の子はジーンズのチャックを下まで下ろし、淡いピンクの下着のレース部分が少し見えている。
少し手を伸ばせば、柔らかい繊毛が手に触れるくらい。


周囲を伺いながら唇を合わせ、音が出ないようにお互いの口腔内の空気を吸い合うようにキスをする。
力を抜いて柔らかくした舌同士を密着させ、ゆっくりと動かしあう。
唾液は送り込み、送り込まれ、飲み干してもらったと思ったら、今度は新たな唾液が送り込まれてくる。
くっつけた唇の端から、サラッとした唾液が零れ落ち、顎まで滴ってくる。
唇も力を抜き、優しくかぶりつき合うように柔らかく動かす。
はぁ・・・・と、時々こぼれる吐息が、夜の公園の静寂に溶け込んでいく。
舌で歯茎をなぞり、舌で歯茎をなぞり、舌で歯茎をなぞる。すると唇の端から、混ざり合ったぼくらの唾液が逃げてしまうので、
舌を伸ばして唾液を奪い合う。
舌先で口の中の粘膜を味わいつくし、上あごまでも愛撫する。
力を入れてはいけない、力を入れてはいけない。
柔らかくした舌と唇で、感触を味わってもらい、感触を味わう。


ふと気付いたときは、お互いの手が自由に動いていて、ぼくの手は女の子のおっぱいに。
女の子の手は、ぼくのチンポの先っちょに。
恥ずかしいことに、泣いてしまったかのように先走りのツユが漏れていて、
白くて優しい人差し指が、亀頭全体にツユを塗り広げてくれる。
ピクン・・・ あまりの快感にチンポが痙攣すると、尿道までせり上がってきていたツユが押し出され、
またまた先走りのツユを漏らしてしまう。
情けないことにツユが次から次へと溢れてきて、女の子は人差し指をやめ、手のひらで亀頭を擦ってくれる。
時々、イタズラするかのように、爪の先で裏スジをくすぐるので、キスをしている口の中から、喘ぎ声が漏れてしまう。


おっぱいへ伸ばしたぼくの手は、指先指先指先。
焦らすのは人差し指、乳首を触るのは中指、優しい柔らかさを味わうのは、親指と小指。

つづきはまた。
  1. 2017/07/27(木) 01:25:20|
  2. 精液・フェラチオ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ロープマジック再び

ずいぶんとご無沙汰してしまいましたね。

また、素敵な展覧会が開催されるようです。
エロチシズムのインプットに行ってこようと思います。
https://www.ropemagic.net/festa/

5月1日に行こうかな。
会場のどこかですれ違うかもしれませんね。
同じ空間、違う時間で、同じ作品を眺めているかもしれませんね。

時間があれば、どなたかと待ち合わせて鑑賞し、その後に感想などを伝えあいたかったのですが。
  1. 2017/04/11(火) 00:36:53|
  2. ソフトSM|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ちんぽの皮を剥いて

ビンビンに勃起したちんぽをしゃぶってもらうのもすごく気持ち良くて好きだけど、
一回いって、精液を気持ち良くどぴゅどぴゅ出したあと、少し落ち着いたちんぽをしゃぶり、舐めてもらうのも好き。

そんなときのちんぽは、いったあとの物凄く敏感な状態ではなくて、
少しおいて、ひと呼吸おいて、再びわずかに性感が戻り始めたような感じの状態かな。
刺激に対して鈍くなっていた射精直後の感じじゃなくて、少しずつちんぽの中に血液が流入し始めたような、
そんなときの。


そういうとき、ちんぽの皮を剥いて、根元まで押し下げられると、亀頭の直下にある性感帯が剥き出しになる。
あまり意識している男女は多くないと思うけれど、そんなところにも性感帯があるのです。
男の人は、試しにちんぽの皮をぐぐっと根元まで押し下げてみて下さい。
ちょうど、裏スジが少し張るような感じになるくらいまで。
そんな風にして、根元までムキムキしたちんぽを、優しくねっとり舐めて欲しい。
亀頭の根元を、れろーーーーっと一周して欲しい。
螺旋を描くように、亀頭のカリ首から先っちょの穴まで、舐め上げて欲しい。
ちんぽの先っちょの穴に舌を少しだけ、ほんの少しだけ差し入れて、チロチロして欲しい。
カリ首を舌で何回も何回も弾くように舐めて、何周も何周もして欲しい。
裏スジには、舌を柔らかくしてあてて、ぬめ・・・・ぬめ・・・・と優しくなめくじが這うような速さで動かして欲しい。

とにかく、ちんぽをしゃぶって欲しい。
たくさんたくさん、ちんぽをしゃぶってもらいたい。
そんなことを強く強く思いながら、そして想像しながら書きました。







  1. 2016/04/26(火) 01:27:05|
  2. 精液・フェラチオ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

系譜

熱烈投稿
投稿写真
フランス書院
アップル写真館
投稿ニャンニャン写真

影響を受けているのはこのあたりでしょうか。
オークションで久しぶりに買ってみようかな、などと思ったりします。
  1. 2016/03/25(金) 01:58:33|
  2. Hなひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ



最近8日記

最近10コメント

お気に入りリンク

過去の日記

日記のカテゴリー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。