++ Hなこと、好きですか? ++
FC2ブログ

++ Hなこと、好きですか? ++

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

3人の女性

この土曜日、久しぶりに大人のデパートエムズへ行きました。
場所は、都内だけど秋葉原ではないところ。池袋です。

秋葉原の大人のデパート、昔は人も少なくてゆっくりと買い物や鑑賞ができましたが、
今や観光地化してしまいました。
外国人も多く、日本人もたくさんです。すれ違うのも大変なほど。
なので、池袋へ行っています。まあこちらも、そこそこ混んでいるんですけどね。

その池袋店で、3人の女性を見かけました。

1人目。
彼氏と来ていた若い女の子。
彼氏ともども性にオープンなのか、ドンキホーテで買い物でもするかのような、
雰囲気で買い物をしていました。
ふと見ると、彼氏の手にはかなり太いバイブが・・。

“買うつもりなんですね・・”  心の中でそう思ってしまいました。
聞こえてきたのは、「前にここにあるサプリ飲んだけど、全然ギンギンにならなかったよ。」
「あたしもこれ、飲んだけど聞かなかった」

なかなかですね。
これから近くにあるラブホテルへ行って楽しむのでしょうか。
セックスをファッションで楽しんでいる感じなんですかね。そんな印象を受けました。

3人目。2人目は最後に。
この店は、地下1階と2階になっています。
地下1階はバイブとかローションとかコンドームとか。あと、オナホールもたくさんあります。
ぼくは目隠しが欲しかったので、地下2階のフロアに行ったのでした。
そこは、拘束具とコスプレのフロアです。人がほとんどいません。
久しぶりに、落ち着いて拘束具を見ることができました。

お目当ての目隠しを手に取って、地下1階のレジに向かおうとしたら、
階段から降りてきたのが、カップルでした。
男性・・中年で少し太っていらっしゃる。頭髪も薄かった気が。
女性・・黒っぽい服を着ていて、少しふくよかな感じ。

階段ですれ違います。
少し狭いので、上から来たそのカップルが踊り場で待っていてくれました。
スッと男性が空けてくれます。
しかし、立ち方が違う。
ただぼくを通らせようとするのではなく、女性を隠すようにぼくの方を向いて立ったのです。
そして女性は、その後ろに隠れるように横を向いて立ちました。


おっ・・・・。


それがぼくの第一印象です。
そして思いました。
「素敵だな」 と。
男性が女性を、こういった場所でさりげなくガードする。
好機の目にさらされてしまうそういう店で、女性を安心させる。
そして女性も、それに慣れている。

2人が降りて行ったのは、SMグッズとコスプレ衣装がしか販売していないフロア。
何を選ぶんだろう。これからどんなプレイをするんだろう。
きっといやらしく、淫靡なんだろうなと思いました。
関係が出来上がっているのか分かりませんが、お互いに性癖がマッチしているんだろうなと。
きっと彼女はその彼に拘束されたり、いやらしい恰好をさせられ、
最後は犯されるようにセックスをするのかな。
そんな風に思ったのでした。


2人目
この女の子は、なんと一人で来ていました。
ぼくが店に入ったときはすでにいて、ローターの棚を見ていました。
そして、店内をじっくり見ながらいろいろな棚を見て、コンドームの棚でも同じようにしていました。
いえ、じっくり見ていたわけではありません。
エリアで、何を見ているのか何となく分かりますからね。

店にいた男性全員が彼女に興味を持ったと思います。
こういう店に一人で来るんですから。
見た目は20代前半でしょうか。
紺?のスカートをはいて、上着は白っぽかったような気が。
大人しそうな感じでした。
日常の世界で見かけたなら、性に興味があるなんて全然見えないと思います。

とにかくローターやバイブのコーナーに時間をかけていましたね。
初めて、勇気を出して来たのであれば、試しに手に取るのすら恥ずかしいことでしょう。
目的のものがたった1つだったとしても、それを隠すために他に余計なものも買ってしまうってことも、
あると思います。

ぼくはナンパとかできないし、ましてやそういう店で声をかけるなんてのは、失礼に当たると思います。
真剣に性を選んでいるのに、邪魔してはいけない、と。
ああ、でも声をかけてどんな性欲を秘めているのかも、聞いてみたい気もします。
こんな店に一人で来るなんて、よっぽどいやらしい女の子なんだろうな、とも思います。
別のところで知り合ってそういう話ができたのなら、
根掘り葉掘り聞いてしまって、最後はホテルでお互いに実践・・なんてね。

ひょっとしたら、プレイ相手からの指示で買いに来ていたのかもしれないし、
ノーパンで買い物に来て、一人興奮を味わっていたのかもしれませんが、
どうもそういう感じはなさそうでした。


ネットで注文はできない環境か、個人情報が気になって買いに来たのかな、というのが第一印象でした。
性への興味が、恥ずかしさを超えたんでしょうかね。

そういう女の子は、オナニーしながらの放尿とか、教えてあげたくなります。
お風呂場で浴槽に腰掛け、クリトリスにローターを当てながらのおしっこが、
どれほど興奮してどれほど開放感に浸れるか、そばで一緒に試してあげたくなります。
勃起したチンポを見せつけながら、ローターでのオナニーをし続けて欲しくなります。
オナニーの途中でもいい、いってからやいく瞬間でもいい、力を緩めておしっこをしてもらい、
そのあと勃起したチンポでオマンコをかき回したい。

そんなことを思いながら、買い物をしていました。

気付くともういなかったので、お目当てのものを買って退店したのでしょう。
何を買い、いつ使うのかな。どうやって使うのかな。
とても気になります。

ぼくはぼくで、目当てのものを買って店を出ました。
外は土曜日の昼間。
一気に喧騒に包まれて、今までのいやらしい気持ちは秋の風と人の声にかき消されます。
ぼくも日常に戻り、そこを後にしました。


ラブホテル街もそうだし、こういう店もそうですが、性を強く意識させる空間が本当に好きです。
この日、改めてそう思いました。
人の性行動を見たり、いやらしいことをしたり考えたりするのが大好きです。
もちろん、2人でする気持ちいいアレも。













スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2018/10/22(月) 00:12:53|
  2. いやらしいおもちゃ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

あなたの持つ性欲



その女の子の見た目は、決して明るいとは言えない色の輻輳でした。
ダークグレーのパーカーに、同じような色のロングスカート、
肩までかかる髪の毛は黒く、やや乾燥しているよう。
話す言葉もあまり多くはなく、輻輳の色と似たような、やや暗い性格だったのかもしれません。

ただその内面は・・・。
内に秘めた性に関する欲求や願望、希望は・・・。


ラブホテルの部屋で裸になった彼女の肌は、服装と対照的で白く、
乳首の色も薄めでした。
そして驚くことに、下半身の中心には、表面的に見る限り毛がありません。
白い肌が、その割れ目までよく見える、様でした。
お尻も同じ。柔らかく小さめなそこは、小さな桃のよう。

“見てください・・” と言って、立ちながら両手で女性器の割れ目を開いたそこにも、
毛はありませんでした。
女性器の色、、、今度は肌の色と対照的で、赤。真紅の性器がグロテスクに光っていました。
そう。
もう光っていたのです。
ただ裸になっただけのはずなのに、もう濡れていました。


彼女は、自分の身体を男性に、そう扱われることに快楽や快感を感じるようでした。
両手を拘束し、両足を拘束し、まるでダンゴムシのように丸められたその恰好のまま、
女性器に男性器を突き立てられ、好きなように腰を振られるのが好き。
痛いくらいに激しく突かれるのは当然嫌だけど、やや強引にされるのが好き。

今まで誰と、そして何本の男性器を挿入されたか分からない彼女の女性器は、
真紅だけれども、オマンコを囲む小陰唇がいやらしい形をしています。
舌でなぶる、唇で挟んで愛撫するにはちょうどいい長さ。

“オマンコを舐めてもらうのが大好きです。物凄く気持ちいいから・・・”

そう話す彼女と、駅で会った時の彼女のギャップは、ぼくの下半身に大量の興奮と血液を集めました。
まさか、彼女と普段性的なことで接しない全ての人は、その心の奥底に性の欲望を
こんなにも抱えているとは露ほども思わないでしょう。
ぼくもそうであったら、一つも思わないと思います。
けれどホテルのベッドの上では今、両足をMの字に広げ、両手で性器の中を晒す姿が目の前にあるのです。


見た目では一切分からない。
当然。
話してみても分からない。
当然。
さらけ出してくれて初めて分かる、その欲望。
剥き出しになった女の子の性欲を垣間見せてもらえた瞬間が、たまらなく好きです。
ドクン、と心臓の鼓動が一つ大きくなります。



結局、ダンゴムシのような恰好のまま、ぼくは彼女を横向きにし、
その真っ白い脚の中心の赤いところに性器を突き刺しました。
情けない顔をして快楽を味わいながら、腰を振りました。
止まりませんでした。
性欲を剥き出しにしてくれたことに興奮してしまい、腰が止まりませんでした。
一心不乱に腰を振り、時に抜いて口でしゃぶってもらい、そしてまた突き刺して。
虫のように動物のように腰を振り、一番奥で、一番気持ちいい瞬間を味わい、たくさん注ぎ込みました。

ビクンビクン、ドクンドクン、ドピュドピュ・・・どの表現が適切なのか分からないけど、
一番奥にたくさん精液を出しました。
引き抜いてコンドームを外した性器を、

“綺麗にさせてくださいね”

といって、ふやけるほどしゃぶってくれます。

“あう・・・”

と、ぼくがくすぐったさのあまり情けない声を出してしまっても、
そんなことには慣れっこかのように、気にせずしゃぶり続けていました。



あなたは性欲を、どう満たしていますか?
どんな性欲を持っているんですか?
どんな行為が好きなんですか?

街を行く女性たちに、そう心の中で問いかけてしまうきっかけの一つは、
彼女が性欲をさらけ出してくれたことがきっかけかもしれません。
どんな性欲を、性癖を持っていても、それがあなた自身なんでしょう。
女性たちの性欲に、とても興味があります。






  1. 2018/10/13(土) 22:41:35|
  2. ソフトSM|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

初めてのえっち

初めてのエッチは、いつも戸惑います。
楽しみも多いですが、どうやって愛撫したらいいのか、いじめたらいいのか、いじめられたらいいのか、
わからなくなります。

もちろん、ベースにはぼくがしたいことをする、女の子が嫌がらない範囲で、って思いますが、
女の子はほんとに一人ひとり、エッチについても全部が違うので、
考えすぎてしまうということですかね。

キスは?
髪の毛は触っていいの?
耳は優しくなでるだけ?エッチな言葉をたくさん囁きたい。
うなじは?
×××は? △△は? あれは、これは・・・・?
と。

オマンコもそう。
クリトリスはどうやって触られるのが好きなのか、あまり好きじゃないのか。
舐めるときは、触るときは、入れるときは・・・・。
ついつい、頭のどこかで考えてしまいます。

一つになるときもそう。
欲望の赴くままに腰を振ってしまいますが、気になりますね。
最初~最後まで、奥から入口まで、女の子の好き・好みはほんとそれぞれ。
ぼくの好みもほんとそれぞれ。
チューニングを合わせるように、2人の波を一つにすることができれば、
その日のエッチは、それはそれはいやらしく楽しいものになります。
けれど、同じ女の子でも次回にエッチするときはまた、チューニングが少し変わっていたりする。
難しくも楽しい瞬間です。

エッチが上手になりたい、とずっと思っていますが、どうやったら女の子に気持ちよくなってもらえて、
さらけ出してもらえて、お互いに興奮するエッチができるのか、いつも考えてしまいます。


この間、久しぶりに2日連続で違う女の子とエッチをすることがありました。
そのときに、ここに書いたようなことを感じたのです。
もちろん、それぞれにいやらしいことをして、お互い気持ちよくなれた・・・と思いますが。
いつまで経っても分からないもので、それがまた楽しいんですけどね。










  1. 2018/10/01(月) 12:45:28|
  2. セックス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ドライオーガズム

女の子のエクスタシーと同じ、強烈なあの快感に襲われるというのです。
あの・・・は、見たことしかないので、どのような快感なのかは分からないのだけれど。

目の前で、目をぎゅっとつぶりながら、うわ言のように喘ぎながら、身体を・・・いや腰を
小刻みにグラインドさせたり、そうかと思えば全く力が入らなくなってぐったりとしてしまったり。
やがて訪れるその瞬間には、見ているこちらがそれはそれは羨ましくなるほどの快感を味わっているんだろうな、
という、身体や性器の中の痙攣。

それが、男でも味わえるというのです。
射精のない、ドライオーガズム。(射精のある=ウェットオーガズム)
言葉にするのは簡単ですが、実際は雲を掴むような話。
だって、経験したことのない快感なんだもの。

“いく” は、快感を経験することが必要なのそうです。
身体に覚えこませること、身体で覚えること、脳で経験すること。

“なか” を刺激される間隔は、男も女も一緒なのでしょうか。
  1. 2018/09/28(金) 00:01:45|
  2. 女の子の舌遣い|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自分で開く。




オマンコ。
恥ずかしいその部分を、女の子に自分で開いてもらうのが、たまらなく好きです。

膝を立ててベッドに横になっている女の子。
顔が上気して、すでにかなり興奮していて、ぼくの勃起したチンポもすでにたっぷり触ってくれて。
その白い手が、ぼくのチンポから漏れてしまったいやらしいツユで濡れているんだけれど。

濃厚なキスを何回も何回もしたおかげで唇に塗られていた口紅ははがれ、
ぼくの唇はもちろん、亀頭やチンポの幹にも、その残滓がこびりついていて。
柔らかく膨らみをたたえている優しいおっぱいも、ところどころキスマークがつきはじめ、
乳首はピョコンと勃起して、たくさんいじられて舐められた乳輪が少しだけ赤くはれている。

薄い茶色がかった髪の毛が、汗ばんで頬やうなじに貼りついている。
耳の穴に指を出し入れするのはもちろん、唇で挟んで優しくその溝を愛撫したり、
クリトリスに見立てた耳の突起を、それはそれはいやらしくこね回したり。
いじめる過程で、亀頭を耳の穴に押し付けて、その熱さと弾力を脳にダイレクトに届けようともしたところ。

だけど、まだオマンコは触れてもいないし、見てもいない。
さっき身体を横にねじったとき、女の子のお尻が少し濡れ光っているのが見えたから、
もう相当、オマンコが濡れてしまっているはず。


だけど、ぼくはまだまだオマンコには一切触らず、
それ以外のところをゆっくりと色々と触ったり舐めたり、
色々なところにチンポを擦り付けて、亀頭の先から漏れるツユをなすりつけているところ。




「オマンコ熱くなってきてるんじゃない?」

耳元でささやくと、女の子は恥ずかしさを隠そうとするのか、興奮していることを悟られないようにするのか、
聞こえないふり。


「もう、たくさん濡れちゃってるんでしょ・・・?」

耳元でささやくと、女の子は恥ずかしさを隠そうとするのか、興奮していることを悟られないようにするのか、
聞こえないふり。



「舐めて欲しいならゆっくり足を開いて、指でオマンコの奥まで見せてごらん?」

耳元でささやくと、女の子は恥ずかしさを隠そうとするのか、興奮していることを悟られないようにするのか、
聞こえないふり。
そして、葛藤が始まった瞬間でもあります。
こちらから理由や言い訳を作ってあげることはせず、欲望を剥き出しにして自分からオマンコを開いてもらいたい。
女の子が、気持ち良くなりたいって思ったり考えていることを、最高に恥ずかしい形で表現させてあげたい。


ぼくの頭の中は、そんないやらしいことでいっぱいです。
もちろん、早くオマンコを見たい。早くオマンコを舐めたい。早くクリトリスをしゃぶりたい。
そんな欲望で頭がいっぱいで、チンポからツユが溢れ続けています。
だけどそこを我慢して、女の子が自分からオマンコを開いてくれるのを待つのです。












やがて葛藤が終わり、女の子の足やゆっくりと開きはじめ、両手がオマンコのビラビラを・・・・・・・。











































何回も言葉をかけ、ようやく女の子の足がゆっくりと開き始めたその瞬間は、
何回見ても、何回味わっても、それだけで精液が漏れてしまいそうな興奮を覚えるのです。

最高のスパイス。



  1. 2018/02/04(日) 21:29:27|
  2. オマンコ・女性器|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
次のページ



最近8日記

最近10コメント

お気に入りリンク

過去の日記

日記のカテゴリー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。